日本キリスト教会北海道中会
 伝道局のページ
トップへ
 2017年 中会伝道局書記だより
◎2017年度選出の理事と組織について
以下の7名が選出されました。
理事長:八田 牧人(札幌発寒)書記:森下真裕美(佐呂間) 会計:千葉敏之(小樽シオン) 理事:丸 徹(苫小牧)小華田坦(札幌北一条)、照井勝(滝川)河野行秀(中会議長)
◎「中会応援伝道」について  
*応援伝道の要項は以下の通りです。   
①年1回、補助費は5万円です。   
②講師は日本キリスト教会教師(長老)などで、道内外は問いません。   
③原則として年間5か所を限度としていますが、1~2か所の増加は構いません。   
④実施後は、簡単な報告書を伝道局書記に提出してください。   
⑤伝道所の場合、「講師交通費」「講師宿泊費」は伝道局で負担します。   
  ただし、「講師謝礼」は、各伝道所で負担してください。   
⑥申請があれば、教会にも3万円を限度として、補助費を支給します。
   申請用紙は、中会ホームページの「伝道局」の欄より印刷してご使用ください。  
どうぞ各地での伝道の前進のために積極的にご活用下さい。
ご不明な点などありましたら、書記までご連絡ください。

◎伝道所への問安  
今年度は、以下の日程と担当者で、各伝道所を問安します。
  伝道所名  問安担当理事 問安日時 
  北広島山手 丸 徹、小華和坦 7月23日(日) 10:30
  札幌手稲前田 河野行秀、照井勝  7月23日(日) 14:00 
  夕張 河野行秀、小華和坦 7月30日(日) 14:00
  奈井江 八田牧人、照井勝  8月27日(日) 10:30 
  八田牧人、千葉敏之 9月17日(日) 15:00
  北桧山 丸 徹、千葉敏之  9月24日(日) 10:30
  富良野 森下真裕美、照井勝 10月29日(日) 10:30
  美瑛 森下真裕美、小華和坦 11月26日(日) 15:00
  稚内萩見  八田牧人、河野行秀  現在交渉中です 
 2016年 中会伝道協議会報告
  • 期日 2016年8月22日(月)-23日(火)
  • 会場 札幌北一条教会
  • 主題 「わたしたちは何を伝えたいのか」 ~諸教会から見えてくる北海道中会の役割
  • 参加 
       22日 全体協議    61名
       23日 伝道所報告   41名
〇 詳しくは後日、伝道局報が発行されます。
 
開会礼拝 河野行秀牧師(中会議長・桑園)
 
4月に着任した傳 英二牧師(森林公園教会)
 
永井文神学生の紹介
 
 発題 八田牧人牧師(中会伝道局書記・発寒)
 
 全体協議司会 久野真一郎牧師(中会伝道局理事長)
 
 全体協議
 
2日目 伝道所報告 
 
 2015年 中会伝道協議会報告
  • 期日 8月24日(月)-25日(火)
  • 会場 札幌北一条教会
  • 主題 「教会の新しい形をさぐる - 私たちは伝道のために何ができるか」
  • 参加 
       24日 全体協議    81名
       25日 伝道所報告   55名
〇 詳しくは後日、伝道局報が発行されます。
 
開会礼拝 八田牧人牧師(中会議長・発寒)
 
山本盾神学生の紹介 
 
発題1 河野美文牧師(遠浅教会) 
 
 発題2 久野真一郎牧師(中会伝道局理事長・琴似)
 
 グループ協議
 
 全体協議
 




 2015年 北海道中会伝道局書記だより 1号
  2015年6月5日
 Ⅰ. 2015年度選出の理事は7名で、組織は次の通りです。
  • 理事長:久野真一郎(札幌琴似) 書記: 河野行秀(札幌桑園)
  • 会計:千葉敏之(小樽シオン)
  • 理事:久野牧(函館相生)、酒井恭子(森林公園) 、小華和坦(札幌北一条)、八田牧人(中会議長)
Ⅱ.伝道所の問安担当者は次の通りです。  

  伝道所名  担当者 問安日時 
  久野 牧、千葉敏之 10月19日(日) 15:00
  夕張 久野真一郎、酒井恭子  7月26日(日) 14:00 
  美瑛 八田牧人、小華和坦 11月8日(日) 15:00
  札幌手稲前田  八田牧人、酒井恭子  8月23日(日) 14:00 
  北桧山  久野真一郎、酒井恭子 10月25日(日) 10:30
  富良野 河野行秀、千葉敏之  9月27日(日) 10:30
  北広島山手 河野行秀、千葉敏之 7月26日(日) 10:30
  奈井江 久野 牧、小華和坦 8月30日(日) 10:30
 

Ⅲ.2015年度『中会伝道協議会』のお知らせ (詳細は別紙)
  • 期日 8月24日(月)-25日(火)

  • 会場 札幌北一条教会

  • 主題 「教会の新しい形をさぐる - 私たちは伝道のために何ができるか」

Ⅳ.「中会応援伝道」を計画されるときは、伝道局書記までお申し込みください。  
  • 補助規定
  • ①年1回、補助費5万円
  • ②講師は日本キリスト教会教師(長老)などで道内外は問いません。
  • ③原則として年間5箇所を限度。1~2箇所の増加は構いません。
  • ④実施後、簡単な報告書を伝道局書記に提出してください。
  • ⑤伝道所の場合、「講師交通費」、「講師宿泊費」は伝道局で負担。 ただし「講師謝礼」は、各伝道所で負担してください。
  • ⑥申請があれば、教会にも3万円を限度として補助費を支給します。
Ⅴ.2015年度の中会応援伝道実施予定教会
  • 1) 札幌手稲前田伝道所
  •  11月に予定しています。
Ⅵ.大会応援伝道について
  • 直接、大会伝道局へ申し込みください。
  • 中会伝道局には実施日と計画についての簡単な報告をお願いします。
Ⅶ.「北海道中会ホ-ムペ-ジ」の活用をよろしくお願いします。  
    • 北海道中会ホ-ムペ-ジアドレス    http://nikki-hokkaido.net/
    • 集会案内等の送り先(管理者アドレス) hokkaido.web@hb.tp1.jp  
    • ※各教会や伝道所で計画中あるいは開催予定の集会などをお知らせください。
    • ホ-ムペ-ジにて紹介します。
    • ◇伝道局への意見、要望、質問など、お気軽に書記までお寄せください。
    • 北海道中会伝道局書記 河野行秀 dabar2048@yahoo.co.jp
    • 〒060-0007 札幌市中央区北7条西13丁目 TEL&FAX 011-221-1952
 
 
2014年度中会伝道協議会報告
 2014年度の中会伝道協議会が8月18日(月)~19日(火)に、札幌北一条教会において行われました。1日目の参加は61名でした。

 主題 「伝道の推進のために - 伝道協力に関する発題と各地区報告 -」

詳しくは伝道局報にてお知らせします。
 開会礼拝 
 
 発題
 
 地区報告
 
 
 
 2014年 北海道中会伝道局書記だより 1号
  2014年6月29日
  Ⅰ.2014年度選出の理事は7名で、組織は次の通りです。
  • 理事長:久野真一郎(札幌琴似) 書記:千葉保(旭川)
  • 会計:千葉敏之(小樽シオン)、酒井恭子(森林公園)
  • 理事:久野牧(函館相生)、菊池幸弘(伊達)、八田牧人(中会議長)
Ⅱ.伝道所の問安担当者は次の通りです。  

  伝道所名  担当者 問安日時 
  久野 牧、菊地幸弘 10月19日(日) 15:15
  夕張 八田牧人、酒井恭子  6月29日(日) 14:00 
  美瑛 八田牧人、千葉敏之  11月9日(日) 15:00
  札幌手稲前田  千葉 保、酒井恭子  8月31日(日) 15:00 
  北桧山  千葉 保、千葉敏之  10月26日(日) 10:30
  富良野 久野真一郎、千葉敏之  9月28日(日) 10:30
  北広島山手 久野 牧、酒井恭子 7月27日(日) 10:30
  奈井江 久野真一郎、菊地幸弘 8月31日(日) 10:30
 

Ⅲ.2014年度『中会伝道協議会』のお知らせ (詳細は別紙)
  • 日時 8月18日(月)午後1時~19日(火)正午
  • 会場 札幌北一条教会 主題 『伝道の推進のために』―伝道協力に関する発題と各地区報告―
Ⅳ.「中会応援伝道」を計画されるときは、伝道局書記までお申し込みください。  
  • 補助規定
  • ①年1回、補助費5万円
  • ②講師は日本キリスト教会教師(長老)などで道内外は問いません。
  • ③原則として年間5箇所を限度。1~2箇所の増加は構いません。
  • ④実施後、簡単な報告書を伝道局書記に提出してください。
  • ⑤伝道所の場合、「講師交通費」、「講師宿泊費」は伝道局で負担。 ただし「講師謝礼」は、各伝道所で負担してください。
  • ⑥申請があれば、教会にも3万円を限度として補助費を支給します。
Ⅴ.2014年度の中会応援伝道実施予定教会  
  • 1)佐呂間教会 9月25日(木) 特別伝道集会(歌と証しのコンサート)
  •       講師 吉村美穂(クリスチャンシンガー)  
  • 2)聖園教会 11月9日(日) 秋の特別伝道礼拝 講師 宇田達夫(稲田堤伝道所牧師)  
  • 3)帯広教会 10月19日(日) 伝道集会  講師 斎藤義信(札幌白石教会牧師)
  •       主題 「死の準備できてますか? ―まだまだではないですよ―」
Ⅵ.大会応援伝道について
  • 直接、大会伝道局へ申し込みください。
  • 中会伝道局には実施日と計画についての簡単な報告をお願いします。
Ⅶ.「北海道中会ホ-ムペ-ジ」の活用をよろしくお願いします。  
    • 北海道中会ホ-ムペ-ジアドレス    http://nikki-hokkaido.net/
    • 集会案内等の送り先(管理者アドレス) hokkaido.web@hb.tp1.jp  
    • ※各教会や伝道所で計画中あるいは開催予定の集会などをお知らせください。
    • ホ-ムペ-ジにて紹介します。

    ◇伝道局への意見、要望、質問など、お気軽に書記までお寄せください。
    • 北海道中会伝道局書記 千葉 保  ch2ba4819@potato.ne.jp
    • 〒070-0814 旭川市川端町4条10丁目4-25 TEL&FAX 0166-54-2837  
 
 
 
2013年度中会伝道協議会報告

中会伝道協議会が8月19日(月)午後1時~20日(火)午前11時45分まで札幌北一条教会で開催され、20教会8伝道所の70名が出席した。

 主題「中会の新しい枠組みの形成」
     -教会と時代の状況を踏まえて-

第1日目は、研修会や修養会のあり方、地区の活動の報告を聞き、全体での協議を行った。
第2日目は、8伝道所の教情および直面している具体的な課題についての報告がなされた。
● 伝道局の発題  理事長:久野真一郎

 Ⅰ 本年度の伝道協議会について  

  • 地区制をスタートさせた最初の伝道協議会。中会の新たな枠組みの形成はまだ緒に就いたところであって、準備段階では気付かなかった課題が見えて来ている。そのことを3つの発題と4つの地区報告を聞いて、全体で協議したい。

 Ⅱ 各地区の課題  

  • 各地区における宣教の展望を開くことが、地区制に込められた大きな願いだと思う。  困難を覚える群れを地区としてどのように支援していくか、地区としての宣教の幻を持ち、何とかして具体的な協力関係を築いていきたい。

 Ⅲ 伝道局、各委員会の課題

  • 地区制が願わしく機能し、中会全体の前進の力になっていくように適切に対応していくことが伝道局理事会、各委員会に求められている。

 Ⅳ 北海道中会ホームページの利用と課題  

  • 各地区での取り組み、諸集会の案内と報告をホームページに着実に載せたい。
 
● 修養会委員会の発題  委員長:堤 隆

 Ⅰ 組織  
  • 第62回定期中会で、壮年部:○藤澤泰憲(森林公園)、秋本英彦、婦人部:○斎藤義信、堤隆、青年部:○稲生義裕、宮崎善昭(札幌北一条)が選出された。(○は招集者)  委員長 堤隆、 書記 秋本英彦。
 Ⅱ 各部の活動
  • 壮年部:現在、各地区の地区別協議会等が男女枠を越えて実施されている状況を踏まえながら協議していく。
  • 婦人部:重要課題として、北海道中会における婦人の位置づけや、今後の中連婦について検討中である。
  • *修養会委員会(婦人部)の二つの対応  
    • ①中連婦:婦人会のある教会で組織   -中連婦に会費納入
    • ②各教会婦人:婦人会のない教会    -会費納入はない
    *2014年度中会連合婦人修養会を準備中。  
    • 日時:2014年9月22日(月)~23日(火・休)  
    • 主題:「わたしたちの教会とは?  ~ルーツとこれから~」  
    • 講師:冨永憲司(柏木教会牧師)
    青年部:青少年問題への取り組みを始めている。
 Ⅲ 修養会委員としての取り組み
  • ・4地区すべてで協議会や研修会などがもたれている
  • ・2014年度中会連合婦人修養会には、委員全員で取り組むこととした。中連婦修養会は全体修養会的な位置づけとして、青年部、壮年部の分団協議を含むことを予定している。
● 研修委員会の発題  書記:竹ヶ原芳枝  

 各部の計画が発表された。

  • 日曜学校部
    ・日曜学校研修会(修養会委員会青年部と合同)  
    主題:「日曜学校・青年を語ろう」
    日曜学校報告、青年伝道の課題・報告・発題を報告者、発題者を立てて行う予定。
       日程 2013年11月22日(金)~23日(土)
    会場 定山渓ビューホテル
       会費 5500円
     
  • 長老部
    ・長老研修会について 多くの長老が研修会に参加できるようにする為、地区ごとの研修会を支援する。
    地区研修のための主題「長老の務めについて」、講師:久野牧牧師(函館相生教会)[承諾済み]を、研修部は提案している。
     
    ・長老研修の必要性を検討をする。また各地区、各教会の要望を知る為、各教会にアンケートを行う。


  • 教会音楽部
    ・オルガニストのための出張講習を行う。
    (協議では全体での講習を求める意見も出された。)
開会礼拝   
 発題  
   
   
地区報告   
   
協議  
 二日目  
   

2013年度北海道中会伝道局書記だより 1号 
 2013年6月1日
Ⅰ.2013年度選出の理事は8名で、組織は次の通りです。
  • 理事長:久野真一郎(札幌琴似) 書記:千葉 保(旭川)
  • 会計:酒井恭子(森林公園)、千葉敏之(小樽シオン)、
  • 理事:久野 牧(函館相生)、菊池幸弘(伊達)、八田牧人(中会議長) 
Ⅱ.伝道所の問安担当者は次の通りです。
  • 伝道所名(担当者)             問安日時(予定を含め)
  • 森(八田牧人、菊地幸弘)礼拝15:00      10月27日(日)
  • 夕張(八田牧人、酒井恭子)礼拝14:00     6月23日(日)
  • 美瑛(千葉 保、千葉敏之)礼拝15:00     11月10日(日)
  • 札幌手稲前田(久野真一郎、酒井恭子)礼拝14:00  9月22日(日)
  • 北桧山(久野 牧、菊地幸弘)         9月29日(日)
  • 富良野(久野 牧、酒井恭子)         8月25日(日)
  • 北広島山手(久野真一郎、千葉敏之)      7月28日(日)
  • 奈井江(千葉 保、千葉敏之)         8月25日(日)
Ⅲ.2013年度『中会伝道協議会』のお知らせ
  • 日時 8月19日(月)午後1時~20日(火)正午
  • 会場 札幌北一条教会 主
  • 題 『中会の新たな枠組みの形成』―教会と時代の状況を踏まえて―    
  • *詳細については6月末までにお送りいたします。
Ⅳ.「中会応援伝道」を計画されるときは、伝道局書記までお申し込みください。
  • ①年1回、補助費5万円
  • ②講師は日本キリスト教会教師(長老)などで道内外は問いません。
  • ③原則として年間5箇所を限度。1~2箇所の増加は構いません。
  • ④実施後、簡単な報告書を伝道局書記に提出してください。
  • ⑤伝道所の場合、「講師交通費」、「講師宿泊費」は伝道局で負担。
  • ただし「講師謝礼」は、各伝道所で負担してください。
  • ⑥申請があれば、教会にも3万円を限度として補助費を支給します。
Ⅴ.大会応援伝道について
  • 直接、大会伝道局へ申し込みください。
  • 中会伝道局には実施日と計画についての簡単な報告をお願いします。
Ⅵ.「北海道中会ホ-ムペ-ジ」の活用をよろしくお願いします。  
  • 北海道中会ホ-ムペ-ジアドレス    http://nikki-hokkaido.net/
  • 集会案内等の送り先(管理者アドレス) hokkaido.web@hb.tp1.jp  
  • ※各教会や伝道所で計画中あるいは開催予定の集会などをお知らせください。
  • ホ-ムペ-ジにて紹介します。

◇伝道局への意見、要望、質問など、お気軽に書記までお寄せください。
  • 北海道中会伝道局書記 千葉 保  ch2ba4819@potato.ne.jp
  • 〒070-0814 旭川市川端町4条10丁目4-25 TEL&FAX 0166-54-2837  


2012年度北海道中会伝道協議会報告 
  • 日時:2012年8月20日(月)~21日(火)
  • 主題:『中会の更なる前進を目指して』
              ―新しい地区制をいかに生かすか―
  • 会場:札幌北一条教会
  • 出席者 20日/75名 21日/51名

   ※内容については秋に発行予定の伝道局報をご覧ください。
   
   
   
   
 
2012年度北海道中会伝道局書記だより 1号
 2012年6月11日
  1. 2012年度選出の理事は8名で、組織は次の通りです。
    • 理事長:堤 隆(札幌北一条) 書記:秋本英彦(北広島山手)
      会計:酒井恭子(森林公園)、中澤 禎(札幌琴似)、理事:久野 牧(函館相生)、加藤 渥(札幌北一条)、 稲岡 尚(札幌桑園)、久野真一郎(中会議長)
  2. 伝道所の問安担当者は次の通りです。
    • 森(久野真一郎、加藤 渥) 夕張(秋本英彦、酒井恭子) 美瑛(秋本英彦、中澤 禎) 札幌手稲前田(堤 隆、稲岡 尚) 北桧山(久野 牧、稲岡 尚) 富良野(久野真一郎、中澤 禎) 北広島山手(久野 牧、加藤 渥) 奈井江(堤 隆、酒井恭子)
  3. 2012年度『中会伝道協議会』のお知らせ
    • 日時 8月20日(月)午後~21日(火)午前
    • 会場 札幌北一条教会
    • 主題 『中会の更なる前進を目指して』
    •       ―新しい地区制をいかに生かすか―    
    • *詳細につきましては6月末までにお送りいたします。
  4. 各伝道所で「中会応援伝道」を計画されるときは、伝道局書記までお申し込みください。
    • 年1回、補助費5万円
    • 講師は日本キリスト教会教師(長老)などで道内外は問いません。
    • 原則として年間5箇所を限度としますが、1~2箇所の増加は構いません。
    • 実施後、簡単な報告書を伝道局書記に提出してください。
    • 伝道所の場合、「講師交通費」、「講師宿泊費」は伝道局で負担しますが、「講師謝礼」は、各伝道所で負担してください。
    • 申請があれば、教会にも3万円を限度として補助費を支給します。
  5. 大会応援伝道について
    • 直接、大会伝道局へ申し込みください。
    • 中会伝道局には、実施日と計画についての簡単な報告をお知らせください。
  6. 各地区伝道協議会について
    • 開催の予定と開催後の報告を書記までお知らせください。
  7. 「北海道中会ホ-ムペ-ジ」の活用をよろしくお願いします。       
    • 北海道中会ホ-ムペ-ジアドレス    http://nikki-hokkaido.net/ 
    • 集会案内等の送り先(管理者アドレス)   hokkaido.web@hb.tp1.jp
    • ※各教会や伝道所で現在計画中あるいは開催予定の集会などをお知らせください。ホ-ムペ-ジにて紹介します。
◇伝道局への意見、要望、質問がありましたら、お気軽に書記までお寄せください。
  • 北海道中会伝道局書記 秋本英彦 hidehiko@hokkai.or.jp
  • 〒061-1148 北広島市山手町4-12-5 TEL&FAX 011-372-4138
2011年度北海道中会伝道協議会報告 
  • 日時:2011年8月22日(月)~23日(火)
  • 場所:札幌北一条教会
  • 主題:「これまでの地区制、これからの地区制」-中会の伝道推進のために-
  • 参加人数:第1日目:61名  夕食・懇親会:47名 第2日目:35名                                       
 
 
 
 
 

詳しい内容は秋に発行予定の「伝道局報」をご覧ください。
2011年度北海道中会伝道局書記だより 
2011年6月1日 
  1. 2011年度選出の理事は8名で、組織は次の通りです。
    • 理事長:堤 隆(札幌北一条) 書記:秋本英彦(北広島山手) 会計:酒井恭子(森林公園)、中澤 禎(札幌琴似)、理事:久野 牧(函館相生)、加藤 渥(札幌北一条)、 稲岡 尚(札幌桑園)、久野真一郎(中会議長)
  2. 伝道所の問安担当者は次の通りです。
    • 森(秋本英彦、中澤 禎) 夕張(久野真一郎、加藤 渥) 美瑛(秋本英彦、稲岡 尚) 札幌手稲前田(堤 隆、酒井恭子) 北桧山(久野 牧、稲岡 尚) 富良野(久野真一郎、加藤 渥) 北広島山手(久野 牧、酒井恭子) 奈井江(堤 隆、中澤 禎)
  3. 2011年度『中会伝道協議会』のお知らせ
    • 日時 8月22日(月)~23日(火)
    • 会場 札幌北一条教会
    • 主題 『地区制の総括と今後の展望-中会の伝道推進のために-』
    • ※詳細は後日案内いたします。
  4. 各伝道所で「中会応援伝道」を計画されるときは、伝道局書記までお申し込みください。
    • ①年1回、補助費5万円
    • ②講師は日本キリスト教会教師(長老)などで道内外は問いません。
    • ③原則として年間5箇所を限度としますが、1~2箇所の増加は構いません。
    • ④実施後、簡単な報告書を伝道局書記に提出してください。
    • ⑤伝道所の場合、「講師交通費」、「講師宿泊費」は伝道局で負担しますが、「講師謝礼」は、各伝道所で負担してください。
    • ⑥申請があれば、教会にも3万円を限度として補助費を支給します。
  5. 大会応援伝道について 直接、大会伝道局へ申し込みください。
    • 中会伝道局には、実施日と計画についての簡単な報告をお知らせください。
  6. 各地区伝道協議会について
    • 開催の予定と開催後の報告を書記までお知らせください。
◇伝道局への意見、要望、質問がありましたら、お気軽に書記までお寄せください。  
 北海道中会伝道局書記 秋本英彦
 2010年度北海道中会伝道協議会報告
2010年度の伝道協議会が終了しました。
  • 日時:2010年8月23日(月)~24日(火)
  • 場所:札幌桑園教会
  • 主題:「地域における宣教協力」                                         -地域を重視した教会形成と伝道活動の強化の為に- 
  • 参加人数:第1日目:62名 第2日目:48名
  • 一日目は、テーマに基づく発題と協議が行われました。
  • 中会機構整備検討委員の堤隆牧師(札幌北一条教会)の発題では、中会の委員会を見直し、「会議・協議は中会で行い、そこで定めれた方向性に従って、地域で研修会・修養会を行う。ただし、全体集会も適宜行うこととする。」との基本姿勢が示されました。
  • 中会伝道局理事の中澤禎長老(札幌琴似教会)の発題では、2010年北海道中会でも示された「地区制度」案についての説明がなされました。
  • 提言に基づいて地域別に分かれての協議を行い、更に全体協議が行われました。
  • 熱心な協議の後は、夕食をいただきながらの和やかな懇談会で一日目を終えました。
   
  • 二日目は、各伝道所からの報告とそれに基づいての協議が行われました。
  • それぞれに課題を抱えながらも、希望をもって伝道に取り組む様子が報告され、励ましを与えられました。昨年北海道中会の伝道所全体で6名の受洗者が与えられたことは大きな喜びです。祈り合い支え合いながら、主に仕える群れとして、共に良き働きのために用いられたいとの願いを深める二日間となりました。
  •  詳しい報告は秋にだされる伝道局報をご覧ください。
 開会礼拝 説教「水一杯の伝道」堤隆牧師 発題
 
 発題後の質疑応答:司会は久野牧牧師 地区に分かれての協議会 
   
 全体協議 懇談会では新任伝道師や神学生の紹介も!
   
二日目:伝道所からの報告  二日目:協議会 
 2010年度北海道中会伝道局書記だより
         2010年6月2日
 

◇本年度選出の理事は8名で、組織は以下の通りです。

  • 理事長:北村一幸(小樽シオン) 書記:浅井永(伊達)会計:酒井恭子(森林公園)中澤禎(札幌琴似) 久野牧(函館相生) 加藤渥(札幌北一条) 稲岡尚(札幌桑園)  堤隆(中会議長)

◇伝道所の問安担当が決まりました

・奈井江 浅井 永、稲岡 尚

浅井 永、加藤 渥

夕張

北村一幸、加藤 渥

・美瑛 北村一幸、稲岡 尚
・札幌手稲前田 堤  隆、酒井恭子 ・北檜山 久野 牧、中澤 禎
・富良野 久野 牧、中澤 禎 ・北広島山手  堤 隆、酒井恭子 
  • 各伝道所が抱えている問題や、伝道局への要望等、気楽にご相談ください。
  • 日時は担当者とご相談ください。

2010年度「中会伝道協議会」のお知らせ

  • ・日   時 : 8月23日-24日(月-火)
    ・協議会会場 : 札幌桑園教会 
    ・主   題 :「地域における宣教協力」(仮題) 
    ※詳細は後日、中会ホームページに案内いたします。

◇各伝道所で中会応援伝道を計画されるときは、書記まで申し込んでください。

  • ①年1回 補助費5万円。
  • ②講師は日本キリスト教会教師(長老)などで、道の内外は問いません。 
    ③原則として年間5箇所を限度としますが、1~2箇所の増加は可能です。 
    ④実施後、簡単な報告書を伝道局書記に提出してください。 
    ⑤伝道所の場合、「講師交通費」「講師宿泊費」は伝道局負担、「講師謝礼」は各伝道所負担。
    ⑥申請があれば、教会にも3万円を限度として補助費を支給します。

◇大会応援伝道について

  • 直接大会伝道局へお申込下さい。
  • 中会伝道局には、実施日と計画に関しての簡単な報告をお願い致します。

◇各地区伝道協議会について

  開催の予定と開催後の報告を書記までお知らせください。

◇中会ホームページがリニューアルしましたので、どうぞご覧ください。

URL http://nikki-hokkaido.net/
※「集会の予定」の感想やご意見、その他要望等を書記までお寄せください。

◇各教会で現在計画中あるいは開催予定の集会などをお知らせください。

  • 順次、ホームページ上で紹介します。

◇伝道局への意見、要望、質問等ありましたら、書記までお寄せください。

北海道中会伝道局  書記 浅井 永 Tel&Fax 0142-23-5581
  2009年度北海道中会伝道協議会報告
 
  • 日時:2009年8月24日(月)~25(火)
  • 場所:旭川教会・藤田観光旭川ワシントンホテル
  • 主題:「北海道中会の伝道―教会形成と中会形成」
  • 講師:久野 牧(伝道局理事・函館相生教会牧師
  • 参加人数:63名
  • 北海道中会の抱える様々な問題の解決について、熱心な議論が展開されました。
  • 教勢の低下や会員の高齢化等、課題は山積しております。しかし、共に祈り、支え合って信仰を守りながら、良き伝道の担い手となれるようにとの励ましが与えられました。めぐみに満ちた2日間でした。
  •  詳しい報告は秋にだされる伝道局報をご覧ください。
 
 
夕食交流会 
 
はじめて札幌を離れて旭川教会で開催 
 
報告の後の協議会 
 2009年度北海道中会伝道局書記だより
 2009年6月1日

◇本年度選出の理事は8名で、組織は以下の通りです。

  • 理事長:北村一幸(小樽シオン) 書記:三輪地塩(遠浅)会計:中澤禎(札幌琴似) 酒井恭子(森林公園) 久野牧(函館相生) 加藤渥(札幌北一条) 稲岡尚(札幌桑園)  堤隆(中会議長)

◇伝道所の問安担当が決まりました

 

  • 士別 (理事全員で対応) 

    三輪地塩、酒井恭子

    夕張

    北村一幸、加藤 渥

    ・美瑛 三輪地塩、中澤 禎 
    ・札幌手稲前田 堤  隆、酒井恭子 ・北檜山 久野 牧、中澤 禎
    ・富良野 久野 牧、稲岡 尚 ・北広島山手 堤  隆、稲岡 尚 
    ・奈井江 北村一幸、加藤 渥    
*各伝道所が抱えている問題や、伝道局への要望等ありましたらご相談ください。

2008年度「中会伝道協議会」のお知らせ

  • ・日   時 : 8月24日-25日(月-火)
    ・協議会会場 : 旭川教会 
    ・懇親会会場 : 藤田観光旭川ワシントンホテル(旭川市宮下通り7丁目 ℡0166-23-7111)
    ・主   題 :「北海道中会の伝道―教会形成と中会形成」(仮題) 
    ・講   師 : 久野 牧(伝道局理事・函館相生教会牧師)

◇中会応援伝道を計画される伝道所は、書記までお申し込みください。
  • ①年1回 補助費5万円。
  • ②講師は日本キリスト教会教師(長老)などで、道の内外は問いません。 
    ③原則として年間5箇所を限度としますが、1~2箇所の増加は可能です。 
    ④実施後、簡単な報告書を伝道局書記に提出してください。 
    ⑤伝道所の場合、「講師交通費」「講師宿泊費」は伝道局負担、「講師謝礼」は各伝道所負担。
    ⑥申請があれば、教会にも3万円を限度として補助費を支給します。

◇大会応援伝道について

  直接大会伝道局へお申込下さい。中会伝道局には、実施日と計画に関しての簡単な報告をお願い致します。

◇各地区伝道協議会について

  開催の予定と開催後の報告を書記までお知らせください。

◇中会ホームページがリニューアルされますので、どうぞご覧ください。

◇伝道局への意見、要望、質問等ありましたら、書記までお寄せください。


 北海道中会伝道局 書記 三輪地塩

                       〒059-1433 勇払郡安平町遠浅42 
TEL/FAX 0145-22-2172