常置委員会のページ
トップへ
 
2017年 5月 北海道中会書記だより
 2017年5月25日
第66回定期中会を受けて、今年度の中会内の様子について、活動報告と予定についてお知らせします。
1. 第66回定期中会が3月20日~21日に札幌北一条教会で開催され、議長に河野行秀、書記に河野美文が選出されました。常置委員は以下の6名であった。河野行秀(中会議長)、河野美文(中会書記)、久野真一郎、八田牧人、加藤 渥(札幌北一条)、酒井恭子(森林公園)が決まりました。

2. 選考委員選出の諸委員は以下のとおりです。(○、◎が招集者)
 伝道局理事会(6名)
  任期1年 ◎八田牧人、森下真裕美、照井 勝(滝川)、河野行秀〔中会議長〕
  任期2年  丸 徹、小華和 担(札幌北一条)、千葉敏之(小樽シオン)  

 教師試補試験委員会(3名)      
 ○斎藤義信、堤 隆、大倉 薫

 研修会委員会(9名)     
 長 老 部(3名) ○傳 英二、荒山俊行(苫小牧)、岡田由子(札幌桑園)
 日曜学校部(3名) ◎千葉 保、宮﨑善昭(札幌北一条)、稲岡 尚(札幌桑園)
 教会音楽部(3名) ○後藤憲正、大和田眞理子(札幌豊平)、三輪宣彦(札幌桑園)
 
 修養会委員会(6名)
  壮年部(2名)○森下一彦、熊 敏彦(札幌発寒)
  婦人部(2名)◎北村一幸、細山まゆみ(札幌琴似)
  青年部(2名)○秋本英彦、照井 勝(滝川)

 ヤスクニ・社会問題委員会(6名)
  教職(3名)◎古賀清敬、稲生義裕、渡辺輝夫  
  長老(3名)、紺野喜美恵(遠浅)、高橋正造(札幌発寒)、塗 芳一(札幌琴似)

 小会記録審査委員会(4名)     
  ◎加藤正勝、小野寺 泉、小山恵子(苫小牧)、菊地 正(遠軽)

 諸報告審査委員会(4名)     
  ◎久野 牧、田中忠良、日野正樹(釧路)、鴇田咲子(帯広)

 財務委員会(3名)     
  ◎工藤準一、秋山直子(小樽シオン)、岡田 寿(森林公園)、河野美文〔中会書記〕

 監査(2名)     
  ○山本隆男(函館相生)、中澤 禎(札幌琴似)

3. 定期中会にて、稚内萩見教会の解散願、並びに教師井上一央の稚内萩見教会牧師解職願が可決された。

4. 稚内萩見伝道所開設願い、並びに教師井上一央の稚内萩見伝道所牧師派遣願いが可決された。稚内萩見伝道所開設式と、稚内萩見伝道所牧師就職式が、4月19日(水)午後2時から午後5時、司式 北村一幸(小樽シオン教会牧師)、勧告 斎藤義信(札幌白石牧師)によって行うことを計画されたが、悪天候のため教師斎藤義信は到着出来ず、勧告は教師斎藤義信の勧告文の教師北村一幸による代読によってなされた。

5.中会から委託を受けている諸委員に関する件
  (1)中会事務担当委員 蔦 眞(札幌北一条) 教職福祉厚生金庫事務担当 星野千惠子(森林公園)[4月より山田玲子(北広島山手)から変更] 北海道マスコミ伝道センター(ホレンコ)幹事 山下路子(札幌北一条)、斎藤義信
 (2)伝道者養成委員として堤 隆、千葉 保、細山まゆみ(札幌琴似)の3名を選出した。

6.無牧師の伝道所指導教職は以下の通りです。
  森伝道所 久野 牧(函館相生)       
  北桧山伝道所 田中忠良(室蘭)
  札幌手稲前田伝道所 八田牧人(札幌発寒)  
  奈井江伝道所 大倉 薫(聖園)
  美瑛伝道所 小野寺 泉(富良野)  

7.無牧師の教会については、以下の小会議長を確認した。    
  旭川教会  北村一幸(小樽シオン)
  伊達教会 田中忠良(室蘭)    
  美深教会  加藤正勝(滝川)
  遠軽教会 千葉 保(釧路)  

8.各地域の集会

 (1)道南地区 伝道協議会 
  日時:4月24日(月)、午後1時   於:伊達市市民活動センター
  主題:「2018年度道南地区信徒集会に向けて」
  開会礼拝:久野 牧 「聖霊によって礼拝から派遣される」 (使徒言行録13章1~3節)
  発題者:布川一郎(伊達教会)、寺田麗子(函館相生教会)、佐藤榮一(室蘭教会)。
  参加者 38名  

 (2)道北・空知地区 修養会 
  日時:8月11日(金・休) 於:聖園教会
  内容:宗教改革500周年を迎えてのおり、日本キリスト教会の信仰との関わりについて
  講師:南 純(東京中会教師)   

 (3)道東地区 修養会 日時:8月11日(金・休) 於:遠軽教会      
  主題:「教会のもつ喜びを再発見しよう」
  講師:森下真裕美(佐呂間教会牧師)   

 (4)道央地区 修養会 日時:8月11日(金・休) 於:小樽シオン教会      
  主題:「異文化との出会いと隣人としての歩み」      
  講師:高見早苗(滝川教会執事・山口ケニアを知る会代表)  

9.中会諸委員会の活動    
・公開教職者会:6月27日(火)    
・青年部「聖書の学びとファームステイ」:8月3日(木)    
・伝道協議会:8月21日(月)~22日(火)    
・全国青年の集い:9月16日(土)~18日(月)    
・日曜学校部・長老部合同研修会:11月3日(金)
・中会信徒修養会:2018年9月17日(月・休)~18日(火)、於:札幌北一条教会

「北海道中会ホ-ムペ-ジ」の活用をよろしくお願いします。
 アドレス  http://nikki-hokkaido.net/ または「北海道中会」で検索 集会案内等の送り先(管理者アドレス)  hokkaido.web@hb.tp1.jp
※ 各教会や伝道所の特別集会、地区で開催する集会、中会の委員会日時などを お知らせください。データをメール添付されれば記載して下さいます。
 
北海道中会書記 河野美文 yoshifum@hotmail.com
〒059-1433 勇払郡安平町遠浅42  TEL&FAX 0145-22-2172  
 
2016 北海道中会書記だより
 2016年9月25日
 
 
中会内の様子について、これまでの活動報告と今後の予定についてお知らせします。

1. 第65回定期中会が3月17日~18日に札幌北一条教会で開催され、議長に河野行秀、書記に小野寺 泉が選出されました。常置委員は、河野行秀(中会議長)、小野寺 泉(中会書記)、北村一幸、加藤正勝、加藤 渥、酒井恭子が決まりました。 選考委員選出の諸委員は第65回定期中会記録をご覧ください。

2. 定期中会にて、苫小牧教会牧師解職願並びに教師秦 利器の苫小牧教会牧師解職願が可決されました。

3. 定期中会にて、森林公園教会牧師招聘願並びに教師傳 英二の森林公園教会牧師就職願が可決されました。森林公園教会牧師就職式が、4月24日午後3時から司式 河野行秀、勧告 久野真一郎によって行われました。

4.中会から委託を受けている諸委員に関する件 (1)中会事務担当委員 蔦 眞(札幌北一条) 教職福祉厚生金庫事務担当 山田玲子(北広島山手) (2)伝道者養成委員として堤 隆、千葉 保、細山まゆみ(札幌琴似)の3名を選出しました。

5.無牧師の伝道所指導教職は以下の通りです。
森伝道所 久野 牧(函館相生)   北桧山伝道所 田中忠良(室蘭)
札幌手稲前田伝道所 八田牧人(札幌発寒)   奈井江伝道所 大倉 薫(聖園)
美瑛伝道所 小野寺 泉(富良野)
6.無牧師の教会については、以下の小会議長を確認しました。    
旭川教会  森下一彦(北見) 伊達教会 田中忠良(室蘭、6月から)    
美深教会  加藤正勝(滝川) 遠軽教会 千葉 保(釧路)    
苫小牧教会 河野美文(遠浅)
7. 各地域の集会
  • (1)道南地区 伝道協議会 
  •  4月29日 伊達歴史の杜カルチャ-センタ-
  •  主題:「伝道する教会形成-身近な人を教会へ」
  •  講師: 河野美文
  •  参加者 87名
  • (2)道北地区 研修会   
  •  8月11日 旭川教会
  •  主題:「祝福を運ぶ群となるために-礼拝者として共に仕える」
  •  講師: 小野寺 泉 
  •  参加者 49名

8. 中会諸委員会の活動報告と予定
 伝道局理事会(理事長:久野真一郎、書記:八田牧人、会計:千葉敏之)
伝道協議会
8月22日~23日 札幌北一条教会
主題:「わたしたちは何を伝えたいのか-諸教会から見えてくる北海道中会の役割」 
発題:八田牧人  参加者 62名(2日目41名)
財務委員会(委員長:工藤準一、秋山直子、佐藤香一郎、秋本英彦[10月から])
研修会委員会(委員長:千葉保、書記:細山まゆみ)
長老部、日曜学校部、教会音楽部の各委員は第65回定期中会記録をご覧ください。
 長老部研修会(予定)
  • 日時:11月3日(木)    
  • 会場:札幌北一条教会  
  • 主題:「教会の説教を形成していくために」  
  • 講師: 八田牧人
 
 
   ・教会音楽部研修会  8月9日 札幌琴似教会・札幌北一条教会
公開講演会: 「讃美の歌を高らかに主にささげよう」
    讃美指導:三輪宣彦、参加者24名
    オルガン指導:小泉優香、参加者7名
  修養会委員会(委員長:大倉薫、書記:河野美文)
  壮年部、婦人部、青年部の各委員は第65回定期中会記録をご覧ください。
 
  ・信徒修養会 9月19日~20日 札幌北一条教会  
    主題:「今、福音の喜びを新たに」
講師:上山修平(横浜海岸教会牧師)
    参加者247名
 
  ・青年部
(1)聖書の学びとファ-ムスティ 滝川教会・照井農場       
第1回(6/12-13)青年2名、第2回(8/19-20) 青年4名     
(2)農村の教会学習会とカヌ-体験(7/26) 遠浅教会 青年1名    
(3)公開講演会(9/18) 札幌北一条教会
主題:「国際協力、初めの一歩」 
講師:高見早苗 参加者30名(青年7名)
 
     
   ヤスクニ・社会問題委員会(委員長:古賀清敬、書記:稲生義裕、会計:鎌田誠一)
・公開学習会 7月20日 札幌北一条教会  
講演:「立憲平和主義の危機と自民党改憲草案の本質」
講師: 結城洋一郎(憲法学者)
参加者 58名(日キ50名、聖公会1名、一般市民7名) 
   
   教職者会(小野寺 泉、大倉 薫)
第1回 : 6月28日 札幌北一条教会 主題「定期中会での全体協議会・提言に関する協議」 参加者20名 第2回 (予定): 11月8日(火)
   9. 第65回北海道中会記録を各教会、伝道所、教職に送付しました。
  10.夏期伝道実習生、教師試補との懇談の件
日時:8月23日 永井 文(神学校4年)、丸 徹(札幌琴似教会伝道師)
参加者:常置委員6名、伝道者養成委員2名、指導教職2名
  11.2016年度第1回臨時中会を開催しました。
日時:9月20日 会場:札幌北一条教会 
議題:中会書記選挙の件    
書記に秋本英彦を選出しました。
 
  12.第66回定期中会の日時及び会場を決めました。
日時:2017年3月20日(月・休)~21日(火)  
会場:札幌北一条教会   
開会礼拝は午前11時から
遠方からの出席代議員が、なるべく前泊しなくて良いように配慮しました。
 
「北海道中会ホ-ムペ-ジ」の活用をよろしくお願いします。
アドレス  http://nikki-hokkaido.net/
または「北海道中会」で検索
集会案内等の送り先(管理者アドレス)  hokkaido.web@hb.tp1.jp
※ 各教会や伝道所の特別集会、地区で開催する集会、中会の委員会日時などを お知らせください。
データをメール添付されれば記載して下さいます。

北海道中会書記 秋本英彦 hidehiko@hokkai.or.jp
〒061-1148 北広島市山手町4-12-5 TEL&FAX 011-372-4138
 
  2014 北海道中会書記だより 第2号
 2014年11月12日
                     北海道中会書記 粂 広国
 1.第64回定期中会の開催日時および会場について
 
第四回常置委員会において、下記のとおり決定しましたので、お知らせ致します。
開催日  2015年 3月18日(水)~19日(木)
会 場   札幌北一条教会
 2.道央地区の研修会が下記のとおり行われましたので、お知らせ致します。
 
日 時 11月3日(月)午前10時~午後3時  
会 場 札幌北一条教会  
(午前の部)
主題講演 「長老・委員による教会の務め」  
講 師 久野 牧(函館相生教会牧師)  
(午後の部)  
発 題 「無牧師の教会における現状と課題」  
発題者 布川一郎(伊達教会長老)      楠瀬信子(遠軽教会長老)
出席者 99名(牧師9名、伝道師1名、長老34名、執事13名、委員3名、他39名)
   *講師・発題者を除く
 3.秋の中会教職者会が下記のとおり行われましたので、お知らせ致します。
 
日 時 11月10日(月)午後1時~5時30分  
会 場 札幌北一条教会  
主題「世にある教会の使命Ⅱ」 
司会 北村一幸(小樽シオン教会牧師)
発題1「今日の社会状況と宣教」八田牧人(札幌発寒教会牧師)              
発題2「当たり前の壁を取り払って」森下真裕美(佐呂間教会牧師)  
発題3「函館相生教会の大間原発計画への取り組み」久野牧(函館相生教会牧師)
発題4「北星大への脅迫と『慰安婦』問題」古賀清敬(宣教教師)  
出席者 14名(牧師13名、伝道師1名)    *司会・発題者を除く
 4.2015年度日本キリスト教会信徒大会のお知らせ
 
第64回大会にて、下記のとおり決まりましたので、お知らせ致します

日 時 2015年9月22日(火)午後1時30分~23日(水)正午
主 題 「宣教の新たな展開を祈り求めて」  
主題聖句 テモテへの手紙二4章1~2節a
主なプログラム
  • 開会礼拝、主題講演、分科会、全体の交わり、朝の祈り、全体協議、閉会礼拝、特別讃美、青年のプログラム(22日午前10~12時)、子どものプログラム、その他
主題講演講師 久野牧(函館相生教会牧師)  
ゲスト 宣教協約関係、友好関係にある教会から  
費 用 参加費を設定し、礼拝献金を行う      
      信徒大会支援金を募る(目標 250万円、期間2015年1月~8月末)
  
 
 2014 北海道中会書記だより 第1号
  2014年5月5日
北海道中会書記 粂 広国
 1.第63回定期中会において選出された中会各委員会の委員をお知らせします。中会の各委員会をお覚え下さい。
常置委員(6名)
八田牧人、粂広国、加藤正勝、北村一幸、加藤渥(札幌北一条)、酒井恭子(森林公園)
(常置委員会選出伝道者養成委員)
堤 隆、細山まゆみ(札幌琴似)、千葉保(神学校委員)
伝道局理事(6名)
久野真一郎、千葉保、千葉敏之(小樽シオン)、菊地幸弘(伊達)  
八田牧人〔中会議長〕(以上任期1年)
久野 牧、酒井恭子(森林公園) (以上任期2年)
教師試補試験委員(3名)
河野行秀、加藤正勝、大倉薫
研修委員(9名)  
長老部(3名):秦利器、石浦淳三(札幌桑園)、竹ケ原芳枝(札幌発寒)  
日曜学校部(3名):河野行秀、北上京子(苫小牧)、由利谷満(小樽シオン)
教会音楽部(3名):小野寺泉、岡田寿(森林公園)、細山まゆみ(札幌琴似)
修養会委員(6名)  
壮年部(2名):秋本英彦、藤澤泰憲(森林公園)
婦人部(2名):斎藤義信、堤 隆
青年部(2名):稲生義裕、宮崎善昭(札幌北一条)
ヤスクニ・社会問題委員(教職3名、長老3名)
古賀清敬、渡辺輝夫、森下一彦、
蔦 眞(札幌北一条)、岸正治(室蘭)、稲岡尚(札幌桑園)
小会記録審査委員(4名)
北村一幸、後藤憲正、小山勝己(苫小牧)、高橋正造(札幌発寒)
諸報告審査委員(4名)*1名辞退につき選考中
加藤正勝、大倉薫、吉田直子(遠浅)
財務委員(長老3名)
熊敏彦(札幌発寒)、秋山直子(小樽シオン)、岡田寿(森林公園)  
粂広国〔中会書記〕
監査(2名)  
山本隆男(函館相生)、工藤準一(札幌北一条)
2.各地区の修養会、研修会が下記のとおり行われましたので、概要をお知らせ致します。詳しい内容については各地区の担当教会にお問い合わせください。
【道北・空知地区修養会】
日 時 4月29日(火)午前10時~午後3時  
会 場 旭川教会  テーマ 「礼拝と説教―長老が説教を担うこと―」  
講 師 八田牧人牧師(札幌発寒教会)  
出席者 37名(4教会3伝道所から32名、牧師5名)
【道東地区修養会】    
日 時 4月29日(火)午前10時30分~午後3時  
会 場 佐呂間教会  テーマ 「もっと喜ぼう」  
発 題 森下真裕美牧師・山口光友(佐呂間教会長老)   
参加者 55名(牧師3名、教会員48名、子ども3名、その他1名)
【道南地区長老・執事・委員研修会】
日 時 4月29日(火)午前11時~午後3時30分  
会 場 伊達教会  
テーマ 「牧会的配慮とは何か」-長老・執事・委員の立場で考える-  
講 師 久野 牧牧師(函館相生教会)  
出席者 89名(牧師6名、長老27名、執事22名、委員5名、教会員27名、他2名)

3.今後開催予定の地区集会をお知らせします。
【道央地区研修会】
日 時 11月3日(月)午前10時~午後3時30分  
会 場 札幌北一条教会  
テーマ 長老・執事に関する研修会を予定、企画中  
講 師 交渉中  (担当教会は札幌北一条教会です)


4.今後開催予定の中会の集会は以下の通りです。予定に入れてお覚えください。
【中会教職者会】
日 時 6月9日(月)~10日(火)  
会 場 札幌北一条教会  
テーマ 「特定秘密保護法案の不気味さと信仰共同体である教会」(仮題)  
講 師 荻野冨士夫(小樽商科大学教授)専門研究:治安維持法
【聖書・教理の公開講座】(日本キリスト教会神学校主催)
日 時 8月18日(月)午後6時~7時30分
テーマ 「新約聖書・福音書」  
講 師 住谷 眞(新約学・日本新約学会会員)
日 時 8月18日(月)午後7時30分~9時
テーマ 「教理・神論」
講 師 松田 真二(組織神学・神学校校長)
*伝道協議会は8月18日(月)~19日(火)の予定です (主題・講師は未定)
 
 
 2013 北海道中会書記だより
  2013年10月31日
                     北海道中会書記 粂 広国
 主の聖名を讃えます。遅くなりましたが、今年度第1号の書記だよりをお送り致します。色々と不慣れなため、発行がこのように遅くなりましたことをお詫び致します。今後は適宜、発行する予定でおります。宜しくお願い致します。 

1.第63回北海道中会の開催教会と日程が下記の通り決まりましたので、お知らせ致します。  
  • 第63回北海道中会
  •  開催日 2014年3月20日(木)~21日(金)
  •  会 場 札幌北一条教会
2.第63回日本キリスト教会大会において、教師試補河野美文が教師試験に合格しましたので、下記の日時に2013年第1回臨時中会を開催することとなりましたので、お知らせ致します。
  • 2013年第1回臨時中会  
  •  日 時 2013年11月18日(月)午後6時  
  •  会 場 札幌北一条教会  
  •  議 題   1.教師試補河野美文の教師任職願に関する件
  •        2.教師河野美文の遠浅教会牧師就職願に関する件
  •        3.遠浅教会牧師招聘願に関する件
3.今年度は中会地区制による集会開催の初年度でした。4地区で開催された修養会について、ご報告致します。
 【道北・空知地区】
 ◇空知・道北地区婦人修養会
  • 日 時 8月27日(火)午前10時~午後3時  
  • 会 場 滝川教会  
  • テーマ 「教会は地域とどう関わるか」-み言葉が響き合う地域となるために-  
  • 講 師 小野寺 泉牧師(富良野伝道所)  
  • 参加者 33名

 【道東地区】  
◇道東地区修養会  
  • 日 時 4月29日(月)午前10時30分~午後3時  
  • 会 場 帯広教会  
  • テーマ 「無牧時の教会形成」  
  • *午前は各教会からの現況報告を行い、午後は協議会を行った  
  • 出席者 61名(大人55名、小児6名)

 【道南地区】  
◇道南地区信徒修養会
  • 日 時 6月18日(火)午前11時~午後3時30分  
  • 会 場 苫小牧教会  
  • テーマ 「キリスト者として、どのように生かされていくか」  
  • 講 師 秦 利器牧師(苫小牧教会)  
  • 出席者 80名(教職5名、壮年20名、婦人55名)

 【道央地区】
◇道央地区信徒修養会
  • 日 時 9月16日(月)午前10時~午後3時30分  
  • 会 場 北広島芸術文化ホール(2階活動室)  
  • テーマ 「明日の教会を考える-キリスト者として生きるとは-」  
  • 講 師 八田 牧人牧師(札幌発寒教会)  
  • 出席者 158名
 
 
 2012 北海道中会書記だより
2012年7月23日
2012年度 第3号
北海道中会書記 稲生義裕


 今回は、中会事務所の事務機器整備についてお知らせと、第1回臨時中会の報告をします。

●中会事務所に事務機器の導入をしました
実は、中会事務所といっても事務室はありません。以前より札幌北一条教会のご厚意によって教会事務室を中会事務のためにも使わせていただき、今日に至っています。  

第61回定期中会での「中会機構の簡素化に伴う会計システムの簡素化に関する建議案」可決を受けて、財務委員会が会計作業の機器整備を行なってきました。このたび7月14日、会計処理のために初めて中会専用のパソコンが入り、合わせてネットバンキング(ゆうちょダイレクト)のためにインターネット接続を行ないました。またインターネット接続に伴い専用電話の開設を6月12日常置委員会で決めました。

今年度中は、事務委員の方にパソコンを用いた会計処理に習熟していただきます。

既に開通した中会専用電話は、011-211-4454です。

メールアドレス chukai@nexzbb.ne.jp
 
中会事務委員執務中は事務委員が、それ以外の時間は札幌北一条教会の事務所につめている長老の方がお出になるはずです。

札幌北一条教会の事務室には、同教会のご好意で、これからは中会のパソコンと電話機を置かせていただくことになりました。
●2012年度第1回臨時中会報告  
6月5日(火)滝川教会において臨時中会が開かれ、常置委員会が提案した建議案が一部修正の上、賛成多数で可決されました。  

可決された修正建議案は次の通りです。
修正建議案 
「3月22日付にて札幌北一条教会信徒○○○○・○○○○ら10名によって提出され、4月16日常置委員会が受理をした上告に関して、本臨時中会において上告委員会を設けて調査・検討に当たらせ、次期定期中会までに報告せしむることとする。
なお上告委員会委員は、牧師・宣教教師より3名・長老3名とし、本中会によって選出する。」
 ※修正:青字部分の挿入を行ないました。
上告委員選挙
3回の投票を終了し、長老の当選者は2名に留まり、その結果上告委員には、牧師3名、長老2名が選ばれました。氏名は次の通りです。
秦利器、八田牧人、千葉保、中澤禎(札幌琴似教会)、酒井恭子(森林公園教会)

 
 
 2012 北海道中会書記だより
2012年4月21日
2012年度 第2号
北海道中会書記 稲生義裕



今回は、第61回定期中会で審議された6つの建議案を中心にお伝えします。

●建議案(1)教職福祉厚生金庫規定細則第1条2項の改正に関する建議案(修正可決)
〔建議案〕教職福祉厚生金庫規定細則第1条2項の次のように改正する。  
〔現行〕 第1条(教職及び家族の福祉厚生)(第18回中会制定)      
     (2)病気の場合 見舞金適当額         
      ただし、療養期間1ヶ月を超えた場合、治癒するまでに毎月20,000円
 
〔改正内容〕第1条(教職及び家族の福祉厚生)(第18回中会制定)
     (2)傷病の場合 見舞金として20,000円を支給する。(第61回中会改正)  
〔提案理由〕実情に即して一傷病一回の見舞金に改める。
提案者 常置委員会


●建議案(2)伝道局維持献金算出方法変更に関する建議案(修正可決)
〔建議案〕
従来の算出方法によって、伝道局維持献金額が1万円以内となる教会(伝道所は除く)は維持献金を1万円とすることとする。ただしこの方法は、2013年度から実施する。
〔提案理由〕
すべての教会が伝道局維持献金に参加するため
                     提案者 伝道局理事会
続く4つの建議案は、すべて中会機構の簡素化と簡素化に連動する地区制に関わり、生まれ変わる中会諸委員会機構の骨格を生み出すものです。


●建議案(3)中会機構の簡素化に関する建議案②(可決)   
〔建議案〕
第60回定期中会の委託に基き、同定期中会に提出した「中会機構の簡素化に関する建議案」①の未審議・未採決部分について、以下に示す「中会の機構の簡素化案②」に従って改訂する。なお、本建議案が可決されることで、第60回定期中会に提出された「中会機構の簡素化に関する建議案」全体が可決されたこととなり、2013年度中会委員選考から運用が始まる。
                      提案者 常置委員会
中会機構の簡素化案②
現在の中会機構  中会機構の簡素化案  
※委員長、書記、会計は互選  ※委員長、書記、会計は互選 
常置委員会(※議長、書記含)  8  常置委員会(教職2、長老2、議長、書記)  6 
選考委員会(※議長、書記含)  6  選考委員会(教職1、長老1、議長、書記)  4 
伝道局理事会(※議長含)  8  伝道局理事会(教職3、長老3、議長)  7  
    研修会委員会  9 
長老会  4       (長老部 …3)   
日曜学校委員会  4       (日曜学校部 …3)   
教会音楽委員会  4       (教会音楽部 …3)   
    修養会委員会  6 
壮年部  4       (壮年部 …2)   
婦人会指導教職  2       (婦人部 …2)   
     (青年部 …2)   
ヤスクニ問題委員会   6  ヤスクニ・社会問題委員会(教職3、長老3)  6  
「教会と社会」委員会  4     
小会記録審査委員会  6  小会記録審査委員(教職3、長老2)  5 
諸報告審査委員会  6  諸報告審査委員会(教職2、長老2)  4 
教師試補試験委員会  3  教師試補試験委員会  3 
財務委員  5  財務委員        5*4(長老3、書記)   
その他/常置委員選出による委員    その他/常置委員選出による委員   
中会事務委員  2  中会事務委員  2 
青年部高校生部指導委員会  4     
    伝道者養成委員 3(教職1・長老1・大会神学校委員1)
現有委員      76名    改訂後委員      60名*58名  
  • *印の数字は、建議案(財務委員会の責任体制強化と簡素化)可決に よる減員が実現した際の委員数です。
  • 青い色の文字部分が、このたびの建議案(3)の審議対象です。

●建議案(4)地区制についての建議案(可決)   
〔建議案〕
第60回定期中会の委託を受けて、中会の地区制に伴う地区割りを下記の通り建議する。
〔提案理由〕
現在の地区割りを改組し、2013年度より下記のように4地区を設け、総合的な地域全体を網羅した教会形成や伝道、人材育成、応援体制の強化、課題の共有や援助等にあたるための新しい体制を作るため。
提案者 伝道局理事会
<道北・空知地区>
旭川教会・美深教会・稚内萩見教会・美瑛伝道所・富良野伝道所・滝川教会・聖園教会・奈井江伝道所・夕張伝道所
< 道東地区>
釧路教会・帯広教会・北見教会・遠軽教会・佐呂間教会 
<道央地区>
小樽シオン教会・札幌発寒教会・札幌琴似教会・札幌桑園教会 札幌北一条教会・札幌手稲前田伝道所・札幌豊平教会・札幌白石教会 森林公園教会・北広島山手伝道所
<道南地区>
函館相生教会・伊達教会・室蘭教会・苫小牧教会・遠浅教会・森伝道所 北桧山伝道所
〔備考〕 地区の判断によって、その地区の中に、小地区を設けたり、また他地区との集会の共同開催を行うこともできることとする。
●建議案(5)中会機構の簡素化に伴う会計システムの簡素化に関する建議案(可決)
〔建議案〕
「中会機構の簡素化に関する建議案②」の可決による各理事会・委員会の改組に連動する会計システムの簡素化のために、「中会会計」「伝道局会計」「教職福祉厚生金庫」「ヤスクニ・社会問題委員会会計」「連合婦人会会計」以外の各委員会会計実務を中会事務に一元化する。ただし2013年度より実施とする。
提案者 常置委員会
〔提案理由〕
委員会の委員数減員に際して各委員会会計実務の負担軽減(決算報告書の作成・手持ち資金の管理の手間を省くこと)が出来る。また、各委員会会計の繰越金適正化が期待でき、監査業務の簡素化も実現できる。
〔会計処理の実際は〕
中会会計の実務を行う中会事務委員が出納を一元管理する。各委員会会計は中会事務委員と連絡を取り送金を受けて委員会活動にあたる。
●建議案(6)財務委員会の責任体制強化と更なる簡素化に関する建議案(修正可決)  
〔建議案〕
「中会機構の簡素化に伴う会計システムの簡素化に関する建議案」の可決による会計システムの部分的一元化実現に伴って求められる責任体制を確立する。そのために4会計担当者の集合体である現在の財務委員会を選考委員による選考と変更し、且つ更なる簡素化を促進するために現在の財務委員5人体制を、選考委員会選出の長老3名(内1名は中会会計を担当)と中会書記で構成する4名体制とする。ただし、2013年度選考より行なう。
提案者 常置委員会

建議案(4)~(6)が上記の内容で可決または修正可決されたことによって、2013年度からは、これまでとは異なった委員会の体制のもとに運営がなされます。建議案の文面では、分かりにくい面もありますので、次に変化の概観を描写いたします。



①第60回定期中会(2011年3月 苫小牧教会)での既決事項は、次の通りです。
〔委員数の減員、その1〕
  • 常置委員は、現在の8名(教職3・長老3・議長・書記の8名)から、2名を減じて6名(教職2・長老2・議長・書記の6名)に。
  • 選考委員は、現在の6名(教職2・長老2・議長・書記の6名)から、2名を減じて4名(教職1・長老1・議長・書記)に。
  • 伝道局理事は、現在の8名(教職3・長老4・議長)から長老1名を減じて、7名に。
  • 小会記録審査委員は、現在の6名(教職3・長老3)からの長老1名を減じて5名に。
  • 諸報告審査委員は、現在の6名(教職3・長老3)から教職・長老共各1名を減じて4 名に。
  • 教師試補試験委員は、従来通り教職3名によって担います。
②第61回定期中会(2012年3月 札幌琴似教会)では、先の4つの建議案可決によって、次のようになります。

ⅰ〔委員会の統合と委員数の減員〕
日曜学校委員会・教会音楽委員会・長老会委員会の三つが「研修会委員会」という一つの委員会となり委員数は合計12名から9名に減員。壮年部委員会・連合婦人会指導教職・青年部高校生部指導委員会の三つが「修養会委員会」となり、委員数は合計10名から6名に減員。ヤスクニ問題委員会と「教会と社会」委員会が統合されて「ヤスクニ・社会問題委員会」となり委員数10名から6名に減員、となります。

ⅱ〔伝道者養成委員会の新設〕
常置委員会が教職1長老1名お選び、更に大会神学校委員1名が加わり、伝道者を志す人材の発掘と養成に努めます。

ⅲ〔各委員会会計の一元化〕
「研修委員会」「修養会委員会」「伝道者養成委員会」の出納管理は中会会計の責任となり、委員会には帳簿が不要となり、会計の年次報告書も、中会会計実務者(中会事務委員)が作成します。各委員会の会計担当者は、中会会計実務者と連絡を取り、金銭の出納や使途の報告をして頂きます。各委員会は、定期中会時に承認を得るために予算を立てて中会に臨む方向になりましょう。委員会の銀行口座は送金用に使い、資金管理の目的では使いません(ただしヤスクに献金や連合婦人会会費など独自の入金がある場合は例外です)。各委員会が繰越金を管理することは、原則的に無くなります。

ⅳ〔財務委員会の強化〕
現在の財務委員会は、中会会計担当者(常置委員の互選で決めている)・教職福祉厚生金庫及び教職退職金会計担当者・伝道局会計担当者・ヤスクニ問題委員会会計担当者の4者が寄り合い、中会書記を加えて、5名で構成しています。この財務委員会を廃し、中会の会計の全体を視野に入れる財務委員〔長老3名〕を選考委員会が推薦し中会会議で決定し、これに中会書記を加えた4名で新財務委員会を構成します。新財務委員会は、中会全体の予算配分・予算執行状況を視野に入れ、限られた資金を最大限有効に用いるよう努めます。 中会全体で、委員数は76名から59名に減ります(22%減)。委員数の減は交通費会議費等の削減につながりますが、これによって機能低下を招いてはなりません。

ⅴ〔新しい地区制〕
新しい地区制についての建議案が可決され、2013年から全道を大きく「道北・空知」「道東」「道南」「道央」の4地区に分けました。地区割りは、その時代ごとに異なった意味付けがなされ、ここまで推移してきましたが、新しい地区制においては、地区主体でありながら、地区と「研修会委員会」や「修養会委員会」との連携を生かすところにあります。地区にとっての必要や個性に応じた集会を地区が計画し、地区の求めに応じて「研修会委員会」や「修養会委員会」が、これをサポートする。時には、「研修会委員会」や「修養会委員会」がコーディネートする地区集会が生まれても良いでしょう。とにかく、この仕組みを柔軟に生かして、地区も全中会も、もちろん各教会・伝道所も、力を得て生かされていく事が大切なことです。また諸集会の開催は、地区に軸足を移していくという方向にありますが、全中会規模の集会の持つ意味を否定するものではありません。必要に応じて、地区内で、また地区を自由に超えて、更に全中会規模で、キリストの実を結んで生きたいものです。


婦人(女性)の集いは、これまでも中会連合婦人会と、地区によってはそれぞれの地区婦人修養会というように、中会と地区との2様の活動を展開してきました。これからの活動の形は、これまでを基礎にどのように変化を遂げていくのか、婦人(女性)の皆様の主体的決定によって決められていきます。ただ中連婦指導教職という立場の教職が活動を共にすることは無くなり、修養会委員会が関わることになります。
いずれにせよ、種々のお手伝いをするのが、「研修会委員」や「修養会委員」です。初めての試みですから、手探りで進めていくことになりますが、「研修会委員」や「修養会委員」の果たす役割は極めて重要です。教会数が少なく互いが遠くはなれている地区ほど、地区毎の活動に大きな物理的困難があることは言を待ちません。こうした地区にとっての有益な支援や共同作業がどのように可能となるのか、そこが新しい地区制の成否を決めるポイントの一つであると言えましょう。
さて最後に、新しい中会体制を担い機能させる委員はそれぞれ重要な働きに召されますが、この委員を選び、中会に提案するのが選考委員です。特に今年の選考委員は新体制を起動させる委員を適材適所に置くための案を作るという役割にあります。定期中会では、選考委員の選挙が行なわれ次の方々が選ばれました。

< 2012年度中会委員一覧 >〔続き〕
*前号の「2012年度中会人事」という表現は適切ではありませんでした。 「中会委員一覧」と訂正させていただきます。
選考委員
久野牧(函館相生教会牧師)、秦利器(苫小牧教会牧師)、加藤渥(北一条教会長老)、熊敏彦(発寒教会長老)。
この4氏に議長と書記が加わって選考委員会を構成します。

●厚生年金保険料補助の申請を受け付けます。
申請条件に該当する教会・伝道所には、Eメールまたは郵便にて、申請ご案内と申請用紙を送付いたしました。ご検討の上、補助を希望する場合には書記宛に申請を。

 
 2012 北海道中会書記だより
2012年4月6日
2012年度 第1号
北海道中会書記 稲生義裕
 第61回定期中会を終えて、新年度体制が動き始めています。中会は今、その姿を変貌させようとしています。2012年度は、現在の体制で歩む最後の年ですが、それは2013年度から先を展望する年、良きものを生み出すための胎動の時となるはずです。
主の御心が成りますように。

  2012年度 中会委員一覧 

 議長 久野真一郎
 書記 稲生 義裕
 常置委員(8名)
  委員長;久野真一郎、書記;稲生義裕、会計;熊 敏彦(札幌発寒教会長老) 堤 隆、
  北村一幸、加藤正勝、加藤 渥(札幌北一条教会長老)、石浦淳三(札幌桑園教会長老)、

 伝道局理事(8名)
  任期1年 ○堤 隆、秋本英彦、稲岡 尚(札幌桑園)、中会議長久野真一郎
  任期2年 久野 牧、加藤 渥(札幌北一条)、中澤 禎(札幌琴似)、酒井恭子(森林公園)

 教師試補試験委員(3名)
  ○井上一央、河野行秀、斎藤義信

 日曜学校委員(4名)
  ○北村一幸、小野寺泉、湯本有子(札幌北一条)、由利谷 満(小樽シオン)

 教会音楽委員(4名)
   ○後藤憲正、河野行秀、工藤準一(札幌北一条)、細山まゆみ(札幌琴似)

 ヤスクニ問題委員(6名)
  ○古賀清敬、大倉 薫、千葉 保、蔦 眞(札幌北一条)、大和田眞理子(札幌豊平)
   高橋正造(札幌発寒)

 「教会と社会」委員(4名)
  ○八田牧人、森下一彦、吉田邦子(北見)、石浦淳三(札幌桑園)

 長老会委員(4名)
   ○千葉 保、井上一央、水津 潔(旭川)、前川恵利也(美深)

 壮年部委員(4名)
  ○斎藤義信、粂 広国、小華和坦(札幌北一条)、藤澤泰憲(森林公園)

 中会連合婦人会指導教職(2名)
  ○久野 牧、浅井 永      
        *全国連合婦人会指導教職(2名) ○久野真一郎、八田牧人
 
 小会記録審査委員(6名)
  ○加藤正勝、田中忠良、森下一彦、小林修(札幌北一条)、秋山直子(小樽シオン)
    西玲子(伊達)

 諸報告審査委員(6名)
  ○千葉 保、渡辺輝夫、浅井永、山本隆男(函館相生)、片山 巌(聖園)岸 正治(室蘭)

 財務委員(5名)
  ○中会会計、伝道局会計、教職福祉厚生金庫担当者、ヤスクニ問題委員会会計、中会書記

 監査(2名)
  岡田 寿、山本隆男  


 北海道中会は、現在23の教会と8つの伝道所で構成されています。牧師のいない教会には、他教会の牧師に小会議長を依頼し、また牧師のいない伝道所には中会が指導教職を派遣しています。


  現在、牧師のいない教会と小会議長
  1.北見教会;遠軽教会牧師 森下一彦     
  2.美深教会;滝川教会牧師 加藤正勝
  3.遠浅教会;苫小牧教会牧師 秦利器     
  4.釧路教会;苫小牧教会牧師 秦利器

  現在、牧師のいない伝道所と指導教職
  1.森伝道所;久野 牧牧師             
  2.美瑛伝道所;千葉 保牧師
  3.札幌手稲前田伝道所;八田牧人牧師    
  4.北桧山伝道所;浅井 永牧師
  5.奈井江伝道所;大倉 薫牧師

  中会事務委員の委嘱
    事務委員を中会書記のほか次の2名の方に委嘱し、受諾をいただきました。
    中会事務担当:山下路子(札幌北一条教会長老)
    教職福祉厚生金庫事務担当者:山田玲子(北広島山手伝道所委員)

  中会高校生部・青年部指導委員の選出
    秋本英彦、石浦淳三(札幌桑園教会長老)、宮崎善昭(札幌北一条教会長老)
    細山まゆみ(札幌琴似教会長老)の4名を選出しました。

  北海道マスコミ伝道センター(略称;ホレンコ)幹事の委嘱
    2012年度の同団体幹事を、斎藤義信、山下路子に継続して依頼いたしました。

 教師の異動
 
  • 第61回定期中会において、美深教会牧師願及び教師石田健の美深教会牧師解職が可決承認されました。
  • 第61回定期中会において、釧路教会牧師解職願及び教師田中忠良の釧路教会牧師解職が可決承認されました。
  • 第61回定期中会において、室蘭教会牧師招聘願及び教師田中忠良の室蘭教会牧師就職願が可決承認されました。

室蘭教会牧師就職式および就職委員派遣の件
第61定期中会の委託を受け、教師田中忠良の室蘭教会牧師就職式を次のように行ないます。
  • 日時 2012年4月30日(月)午後1時30分より
  • 場所 日本キリスト教会 室蘭教会 (室蘭市幸町5-16)
  • 就職委員として、北村一幸(司式)、久野 牧(勧告)を派遣することを決めました。
  • 誓約の証人として出席し、祝福を。
 

 北海道中会 第61回定期中会
  • 3月20日(火)~21日(水)に札幌琴似教会に於いて、第61回定期中会が開催されました。開会礼拝は渡辺輝夫(夕張伝道所牧師)の司会、久野真一郎(札幌琴似教会牧師)の説教、北村一幸(小樽シオン教会牧師)の聖餐式で行なわれました。
  • 議長には久野真一郎(札幌琴似教会牧師)が、書記には稲生義裕(札幌豊平教会牧師)が再選されました。
  • 詳しくは後日ご報告致します。 
 
   
   
 
 北海道中会書記だより第4号
  2011年12月13日
北海道中会書記 稲生義裕
「書記だより」第4号をお届けします。  
今回は、第61回定期中会開催準備に関するお願い、その他です。

Ⅰ 第61回定期中会開催に関わるお知らせとお願い
  1. 第61回定期中会開催の日取りと会場
    • 日程 2012年3月20日(火曜・春分の日)~21日(水曜)
    • 会場 札幌琴似教会(札幌市西区八軒2条西1丁目3-1)     
      • 公共交通機関 
      • JR函館線「琴似駅」徒歩5分            
      • 地下鉄東西線「琴似駅」徒歩15分 J
      • Rバス(北46、西40系統)「八軒2条1丁目」下車
  2. 議事日程
    • 1月17日(火)北一条教会にて行なわれる次回常置委員会において協議します。
  3. 議事資料作成
    • (1)1月31日(火)までに、各委員会の書記・会計担当の方は、報告原稿を取りまとめて、中会書記までご送付ください。  
      • 送付先 中会書記 稲生義裕     
      • E-mail toyohirachurch@jcom.home.ne.jp
      • 〒062-0906     札幌市豊平区豊平6条3丁目5-15 札幌豊平教会
      • TEL 011-811-6838     
      • FAX 011-811-6847       
      • 各教会・伝道所においては定期総会準備の多忙な時期でもありますが、よろしく御協力をお願いいたします。なお各委員会書記・会計の方には、報告原稿送付依頼を送らせていただきます。
    • (2)また、各委員会会計の方は、会計監査を受けていただくようお願いいたします。監査は、次の方に依頼することを決めました〔11月14日常置委員会〕。
      • *日曜学校委員会 :鈴木悌三長老(小樽シオン)
      • *教会音楽委員会 :加藤 渥長老(札幌北一条)
      • *「教会と社会」委員会 :前田 寧長老(北見)
      • *長老会 :水津 潔長老(旭川)
      • *壮年部 :長 信幸長老(滝川)
      • *教職者会 :楠瀬信子長老(遠軽)
      • *連合婦人会 :山本隆男長老(函館相生)
      • *青年部・高校生部指導委員会:舘 幸雄長老(札幌琴似)
      • *中会会計、伝道局、ヤスクニ委員会及び教職福祉厚生金庫の監査は、中会監査の岡田寿長老(森  林公園)・山本隆男長老(函館相生)に行なっていただきます。
    • (3)3月 4日(日)の前日までには、完成した議事資料を各教会・伝道所に届けられるよう努めます。定期中会前の各教会・伝道所における準備に用いて下さい。
Ⅱ 2012年度教職謝儀指針を、各教会・伝道所に送付します。

Ⅲ 中会各委員会書記・会計担当者に、報告原稿の依頼文書を送ります。

Ⅳ 各委員会会計の監査のために「監査」をお引き受けいただきたい方に依頼文書をを送ります。よろしくお願いいたします。
以上     
 
 北海道中会書記だより第3号
 2011年10月5日
北海道中会書記 稲生義裕
 「書記だより」第3号をお届けします。  
今回は、次の2点についてお伝えします。

1)第60回定期中会における「中会機構の簡素化に関する建議案」の決議とその後
  • 先の第60回定期中会における同建議案の審議は、議場からの議事運営に関する動議によって「地区制に関わる研修委員会・修養会委員会及び新設委員会である伝道者養成委員会を別個に取り扱い、他の部分についての審議を行なうこと」を決め、そのように審議をしました。
  • また、議場からの修正動議によって「原案にあった『ヤスクニ問題関連委員会』の名称を『ヤスクニ・社会問題委員会』に変更することが決まりました。
  • その上で、更に議場からの議事運営に関する動議によって「別個に取り扱うとした地区制に関わる研修委員会・修養会委員会及び新設委員会である伝道者養成委員会については、次期中会に常置委員会の責任において成案を再提出することとする事を確認して、第60回定期中会における審議は打ち切り、他の部分について採決」しました。
  • すなわち、第60回定期中会において決議された内容は、「地区制に関わる研修委員会・修養会委員会及び新設委員会である伝道者養成委員会については、次期中会に常置委員会の責任において成案を再提出すること」を確認した上で、「常置委員会の委員定数を8名から6名に減・選考委員会の委員定数を6名から4名に減・伝道局理事会の理事定数を8名から7名に減・ヤスクニ問題委員会と『教会と社会』委員会の一体化によって生まれるヤスクニ・社会問題委員会の委員数を6名として実質4名の減・小会記録審査委員会の委員定数を6名から5名に減・諸報告審査委員会の委員定数を6名から4名に減・教師試補試験委員会の委員定数は3名のままに・中会事務委員の委員数は2名のままに」するということでした。
  • なお、この建議案は継続審議となっていますので、第60回定期中会で決議した定数変更や委員会の一体化及び名称変更は、本建議案の未審議部分の審議と決議とを待って実施の運びとなります。従って諸委員の選考の仕方は、第61回定期中会までは従来通りであることを常置委員会において確認いたしましたので、お知らせいたします。

2)日本キリスト改革派教会からの福島原発事故に伴う避難信徒・家族の受け入れ可能性について
  • ①本件は大会議長井上一雄牧師より、大会渉外委員長八田牧人牧師と北海道中会議長久野真一郎牧師対して、日本キリスト改革派教会東日本大震災対策本部長遠山信和牧師(静岡教会)からの問い合わせとお願いとして伝えられました。(2011年6月28日)
  • ②大会常置委員会において、日本キリスト改革派教会からの要請として受け止めること、受入れ可能性の打診を対象となっている北海道中会における審議を期待する旨が、協議されました。(7月13~15日)
  • ③北海道中会では、8月29日の常置委員会において協議がなされ、具体的要請があった折には対応することを確認しました。
  • その後日本キリスト改革派教会から大会議長宛に、北海道中会の対応に対して「感謝です。心強く思っています。」と伝えられたとのことです。第61回大会における同教会議長の挨拶が注目されます。  
  • 以上、現時点での状況をお覚えくださいますよう、よろしくお願いいたします。
 
 
 北海道中会書記だより第2号
 2011年9月17日
北海道中会書記 稲生義裕
 日本キリスト教会 北海道中会記録 第60回定期中会              
  • 正 誤 表   (2011年9月17日作成)
  •  
  • 以下の誤りがありました。お詫びを申し上げ、訂正をいたします。  
  • なお、更に訂正すべき箇所にお気づきの方は、お手数ですが中会書記までご一報下さるようお願い申し上げます。
    • 2011年9月17日 北海道中会書記 稲生義裕
    • 連絡先 電 話 011-811-6838 FAX 011-811-6847
    • E-mail toyohirachurch@jcom.home.ne.jp

項   行 誤  正 
 5 4  日時  2010年  日時  2011年 
 53 23   実施日 10月17日(17)  実施日 10月17日(日)
 60  表中の
「A-B」欄
15 札幌桑園      
16 札幌豊平
17 札幌発寒
18 釧  路     
19 札幌白石 
20 森林公園     
21 稚内萩見 
22 佐呂間
23 帯  広      
0
  1,966,200
1,324,900
0
108,000
0
513,700
0
0
15 札幌桑園  
16 札幌豊平  
17 札幌発寒      
18 釧  路    
19 札幌白石       
20 森林公園    
21 稚内萩見       
22 佐呂間        
23 帯  広      
1,966,200
 1,324,900
0
108,000
0
513,700
0
0
0
 71  下から3  開催日 2008年  開催日 2010年
 84  2  北海道中記長老会  北海道中会長老会
 92  9  (3)札樽地区 1010年  (3)札樽地区 2010年
 110 19  大倉 薫(住所記入漏れ)  〒061-0600樺戸郡浦臼町字浦臼内183-38
  21
22
  秋本英彦  前出
 粂 広国  〒〜
久野 牧
浅井 永  〒052-0024伊達市
  鹿島町47-4 携090-1647-0785
 111 15  酒井恭子  中澤 禎
 
 
 
 2011年8月3日
北海道中会書記 稲生義裕
●2011年度 中会組織
  • 2011年3月15日~16日に開催された第60回定期中会で選考された各委員の互選によって組織が決まり、活動を行なっています。(中会記録参照)
●北海道マスコミ伝道センター(略称;ホレンコ)幹事
  • ホレンコの幹事を斎藤義信、山下路子に継続して依頼しました。
●無牧師の伝道所に派遣する指導教師
  • 次の教師にそれぞれの伝道所の指導教師としての依頼を行ない、また各伝道所委員会に指導教師派遣の旨を伝えました。
  • 森伝道所:久野 牧、美瑛伝道所:千葉保(委員会なし)、札幌手稲前田伝道所:八田牧人、北桧山伝道所:浅井永、奈井江伝道所:大倉薫(委員会なし)
●現在無牧師である教会の小会議長
  • 各教会の決定に基づいて、次の牧師がその任に当たっていることを把握・確認しました。
    北見教会:森下一彦、遠浅教会:秦利器、室蘭教会:7月より秦利器
●教師の異動
  1. 帯広教会牧師解職願並びに教師鎌田雅丈の帯広教会牧師解職願の件を可決し、引き続き、教師鎌田雅丈の近畿中会への転出願の件を可決しました。(3月16日第60回定期中会)
  2. 室蘭教会牧師解職願並びに教師後藤憲正の室蘭教会牧師解職願の件を可決し、引き続き、帯広教会牧師招聘願並びに教師後藤憲正の帯広教会牧師就職願の件を可決しました。(6月13日第1回臨時中会)なお、帯広教会後藤憲正牧師就職式(7月31日(日)午後4時より)に、就職委員として、稲生義裕〔司式〕・堤隆〔勧告〕の派遣を決めました。(6月13日第3回常置委員会)
  3. 教師丹波恵・教師丹波昌子の近畿中会への転出を承認し、同中会に薦書を送付することとしました。(6月23日第4回常置委員会)
●北見教会からの申請書類の件
  • 北見教会の牧師館建築事業計画を審査し、同教会の借入申し込みに関する大会共助金庫に対する推薦を行なうことを決めました。(3月16日第1回常置委員会)
●厚生年金保険料補助の件
  • 美深教会・佐呂間教会の2教会、富良野伝道所・北広島山手伝道所の2伝道所からの補助申請を受け、審査の結果、教職福祉厚生金庫規程細則10条に基づく補助を行うこととしました。(6月23日第4回常置委員会)
●東日本大震災及び原発事故被災教会・被災者支援
  • 北海道中会としては独自の支援計画を持たずに、大会の取り組みに応えることを確認しました。その具体的方法としては、中会各委員会には研修会・修養会の際の開会礼拝献金の一部または全額を支援目的に献げること等を促すこととしました(4月19日第2回常置委員会)。各委員会の御判断・御配慮に委ねます。
●各委員会の活動   (2011年8月3日現在)
  1. 青年部・高校生部委員会
    【報告】「中高生春の集い」 
      日時 3月28日(月)~29日(火)
      会場 札幌北一条教会・酪農学園大学
      主題「となり人は誰でしょう」
      講師朴美愛(パクミエ)氏酪農学園大学講師。
      出席者16名(内訳、中学生2名、高校生7名、OBOG7名)
      OBOG(青年)が協力委員として参加して良い関わりを持ってくれている。
      遠浅教会・苫小牧教会からの積極的参加が得られている。
    【予告】9月18日(日)~19日(月)「一日神学校」に合流する企画を持ち、参加者を募集している。道内居住者で全課程参加者に2万円の補助、一部参加者に若干の補助を行う方針である。
  2. 日曜学校委員会
    【報告】札幌東部4教会合同夏期学校を全教会・伝道所に紹介し参加者を募った。
    【予告】日曜学校教師研修会
      日時 11月3日(木)午前11時~午後3時 
      主題 「子どもにとって救いとは何か―子供の発達・理解力に立って―」
  3. 教会音楽委員会
    【報告】教会音楽講習会
      日時 8月2日(火)午前11時15分より 
      主題 「礼拝式と讃美のあり方」 
      講師;高浪晋一氏(世田谷千歳教会会員、元国立音楽大学教授、讃美歌学会会員、日本キリスト教団讃美歌委員)
      会場 札幌北一条教会  
      受講料  無料
  4. ヤスクニ問題委員会
    【報告】ヤスクニ問題公開学習会
      日時 7月18日(月)午前10時30分より
      主題 「沖縄から見たヤスクニ問題」 
      講師;川越弘沖縄伝道所牧師
      会場 札幌北一条教会  
      参加費  無料
    ※共催団体として関わる全道的活動 6月3日(金)「第30回政教分離を守る会」会場:旭川トーヨーホテル 参加250~280名(未確認)
    【予告】
    • ・11月23日(水)「第41回靖国神社問題北海道キリスト教連絡会議」
    • 内容は、担当団体(教派)において協議中
    • ・2012年2月~3月 宗教者懇談会 内容未定
  5. 「教会と社会」委員会
    【予告】
      日時 9月24日(土)午後1時~4時
      主題 「さまざまな死について考える―神の御手はどこに―」 
      講師;田中文宏(日本基督教団真駒内教会牧師、いのちの電話札幌センター研修 委員)
      会場 札幌北一条教会
    【予告】〔関連〕外国人登録法問題と取り組む北海道キリスト教連絡協議会
           (略称;外キ連)
      主催 夏期キャラバン「差別を問い人権を考える旅」
      日時 8月22日(月)~24日(水)
      講演とビデオ上映「猿払村の強制労働犠牲者遺骨発掘と若者たち」 
      講師;イム・ビョンテク(自由学校「遊」理事、戦後責任を精算するため行動す     る北海道の会代表)
      集合;日本キリスト教会札幌北一条教会
      会場・宿泊;日本カトリック函館湯の川教会及び、日本聖公会小樽聖公会
  6. 中会連合婦人会指導教職 
    【報告】道南区婦人修養会・信徒集会
      日時 5月31日(火)
      主題 「今は、種まきのとき、そして刈り入れのとき」 
      講師;久野牧(函館相生教会牧師)
      会場 函館相生教会
    【予告】空知地区婦人修養会
      日時 8月23日(火)午前9時30分~午後3時00分
      主題 「わたしたちにあるものを―真理が拓く自由と希望―」 
      講師;八田牧人(札幌発寒教会牧師)
      会場 聖園教会
    【予告】札樽地区婦人修養会
      日時 9月13日(火)午前10時00分~午後3時00分
      主題 「北海道伝道のスピリット」 
      講師;北村一幸(小樽シオン教会牧師)
      会場 札幌桑園教会
  7. その他
    【報告】中会教職研修会
      日時 6月13日(月)午後1時00分~5時00分
      主題 「大切な命を守るために―自殺予防とメンタルヘルス―」 
      講師;池本真美(精神科医・道立北海道精神保健センター保健福祉推進部長)
      会場 札幌琴似教会    
      参加23名
    【報告】財務委員会  熊敏彦は以下の報告をした。
    • 昨年度は、ゆうちょ銀行口座間の送金に統一することで、送金手数料の無料化を実現した。会計フォームの統一についても取り組み、定期中会記録には、統一フォームで記載されるので、今後の見本として欲しい。
    • 本年度は、財務システムの簡素化を課題として協議している。各委員会に会計を置かずに中会会計に一本化するという財務システムを研究し、継続審議としている。
    • 教職福祉厚生金庫規程及び細則については、現状を踏まえた見直しを検討する方針である。
    【報告】道東地区5教会全体修養会
      日時 4月29日(金)
      主題 「私たちは神の作品―モナリザのほほえみの謎―」
      講師;池田正勝(帯広教会)
      会場 釧路教会 出席 60名(子ども2名を含む)
    【報告】道北地区教会全体修養会……本年度は開催しなかった。
    【報告】全国連合婦人会指導教職 
      全国連合婦人会修養会
      日時 6月21日(火)午後2時~22日(水)午後12時30分
      主題 「真理はあなたたちを自由にする」 
      講師;八田牧人札幌発寒教会牧師
      会場 札幌北一条教会  
      会費 2,000円
      参加73教会・伝道所、363名〔ゲスト2名含む〕(北海道中会24教会・伝道所239名)
 
 
 
北海道中会書記だより第3号 
 2011年1月21日発行
●常置委員会報告 2010年11月12日(第5回) 2011年1月18日(第6回) 

  1. 第60回定期中会を2011年3月15日(火)~16日(水)苫小牧教会で開催することにしました。また諸準備について話し合いました。なお今中会では、特に記念講演会等は行わないことになりました。
  2. 教職最低謝儀基準ならびに指針を作成しました。またこの件について協議しました。
  3. 教職福祉厚生金庫規定第8条(年金)、第9条(住宅費)について協議し、定期中会に規定改正の建議案を提出することとしました。
  4. 常置委員の被選挙権について、他中会の理解も参考にしながら協議しました。①正議員のみとする、②補員までを含めた出席議員とする、③長老であれば選出可能とする、について話し合いました。協議の結果、常置委員の被選挙権は、「補員までを含めた出席議員」とし、次期、定期中会に報告することとしました。
  5. 機構整備についての検討委員会からの「中会機構の簡素化案」を受理し、第60回定期中会の議題とすることとしました。
  6. 無牧師の教会における控除金について協議しました。
  7. 中会の財務全体や財務委員会の今後について協議しました。
  8. その他
    • 森下先生ご夫妻に11月24日、第二子(女児)が与えられ「いのり」と命名されました。おめでとうございます。
    • 2011年1~3月 “中会関係の集会予定”
      • 2月8日(火) 中会連合婦人会総会 会場 札幌豊平教会
      • 3月15日(火)~16日(水)第60回定期中会 会場 苫小牧教会
      • 3月28日(月)~29日(火)中高生春の集い 会場 札幌北一条教会

●お願い
  • 定期中会の議事資料を準備中です。一ヶ月前に各教会・伝道所に議事資料を送付するため、提出期日をお守り下さるようにお願いします。また提出が遅れる際は、必ず前もってご連絡をお願いします。
    • ★各理事会・委員会報告は中会書記 秋本英彦まで 1月30日(日)〆切 〒061-1148 北広島市山手町4―12-5 メ-ルでの送付 hidehiko@hokkai.or.jp
    • ★統計表は中会事務 山下路子まで 1月30日(日)〆切 〒060-0001 札幌市中央区北1条西13丁目 北海道中会
      • ※ 統計表はFAXで送ると誤字や数字間違いが生じる可能性がありますので、できるだけ郵送くださるようお願いします。
      • ※ 教会総会が2月開催で遅れる際は、先に教勢報告のみお送り下さい。

  • ☆ 北海道中会ホ-ムペ-ジの活用をよろしくお願いします。
  • 中会内の予定等もホ-ムペ-ジで知ることが出来ます。 各教会・伝道所の特別伝道集会や講演会・音楽コンサート等の案内、また中会の修養会・研修会、各委員会や教職者会日程についてもお知らせください。  
    • 北海道中会ホ-ムペ-ジアドレス    http://nikki-hokkaido.net/
    • 集会案内等の送り先(管理者アドレス)  hokkaido.web@hb.tp1.jp

 
 
北海道中会書記だより第2号 
  2010年9月1日発行
●常置委員会報告 6月14日(月) 8月24日(第4回)
  1. 河野美文教師試補(遠浅教会伝道師)と夏期伝道中の畑達朗 神学生(日本キリスト教会神学校3年)との懇談の時を持ちました。
  2. 各委員会の修養会報告、今後の集会予定等の連絡を受けました。また財務委員会から提出された会計に関する規定の書類を検討しました。これらを各教会・伝道所に送付することとしました。
  3. 常置委員の被選挙権について引き続き協議し、他中会ではどのように理解して いるか問い合わせをすることにしました(継続協議)。
  4. 第60回定期中会日時を2011年3月15日(火)~16日(水)と決定しました。(会場:交渉中)
 次回常置委員会 11月12日(金)
●2010年の行事予定等(大会関係の行事を含む) 
 
青年部“秋の集い”  9月19日(日)午後-20日(月)  とかち帯広YMCA 
全国連合婦人会総会  10月12日(火)午後1時  札幌桑園教会 
第60回大会記念講演会  10月12日(火)午後4時半  札幌北一条教会 
第60回定期大会  10月13日(水)~15日(金)  札幌北一条教会 
全国長老交流会  10月13日(水)午後6時15分  札幌北一条教会 
第60回大会記念シンポジウム  10月14日(木)午後4時  札幌北一条教会 
「教会と社会」委員会学習会  11月3日(水)  札幌琴似教会 
中会教職者会  11月8日(月)~9日(火)  会場〔交渉中〕 
日曜学校教師修養会  11月23日(火)  札幌桑園教会 
壮年部修養会(研修会)  2011年1月10日(月)  会場〔交渉中〕 
●その他
  • ・ 畑 達朗神学生(3年)が札幌北一条教会にて約2ヶ月の夏期伝道を行いました。神学校での今後の学びと訓練を覚えてお祈りください。
  • 〈お願い〉 北海道中会ホ-ムペ-ジの活用をよろしくお願いします。
  • 各教会・伝道所の集会予定、中会内委員会の修養会等をお知らせください。  
 
 
北海道中会書記だより第1号 
 2010年4月27日発行
●常置委員会報告 4月19日(月)
  1. 中会事務委員として、中会事務担当 山下路子(札幌北一条教会長老)、教職福祉厚生金庫事務担当 山田玲子(北広島山手伝道所委員)に委嘱しました。
  2. 無牧師の教会の小会議長および伝道所の指導教職は次のとおりです。
    • 北見教会  森下一彦  遠浅教会  秦 利器 
      森伝道所  久野 牧  北桧山伝道所  浅井 永 
      美瑛伝道所  千葉 保  札幌手稲前田伝道所  河野行秀 
      奈井江伝道所  大倉 薫     
                       
  3. 社会保険補助申請のあった4教会、2伝道所の申し出を受理しました。
  4. 日本キリスト教会神学校を卒業し、九州中会で教師試補として認可された河野美文の転入を承認しました。指導教職は秦 利器に依頼することとしました。また遠浅教会からの伝道師派遣願を承認し、5月9日(日)午後2時から伝道師就職式が行われます。河野美文教師試補のこれからのご奉仕を覚えてお祈りください。
  5. 定期中会で委託された「常置委員の被選挙権」について協議しました。
 次回常置委員会 6月14日(月)
●第59回定期中会報告
  1. 3月16日(火)~17日(水)に札幌発寒教会において開催されました。間もなく第59回定期中会記録が印刷発送されますので、詳細については中会記録をご覧ください。
●2010年の行事予定等 
中会教職者会  6月7日(月)-8日(火)   帯広教会・十勝川温泉 
中会連合婦人会修養会  6月21日(月)-22日(火)  札幌北一条教会 
教会音楽講習会  8月2日(月)-3日(火)  札幌北一条教会 
中会伝道協議会  8月23日(月)-24日(火)  札幌桑園教会 
青年部“秋の集い”  9月19日(日)午後-20日(月)  会場未定 
第60回大会  10月13日(水)~15日(金)  札幌北一条教会 
  ※前日12日(火)に記念講演会、全連婦総会 
日曜学校教師修養会  11月23日(火)  札幌桑園教会 
●その他
 中会機構整備についての検討委員会報告 4月20日(火)
委員 堤 隆(中会議長)、秋本英彦(中会書記)、久野 牧(伝道局理事会)、 熊 敏彦(財務委員会)、森下真裕美(選考委員選出)、菊地幸弘(伊達/選考委員選出)
・定期中会で委託された中会機構整備のため、委員会組織改編の可能性や地域活性化・地域割り等について協議しました。
次回7月27日(火)
  • 中会ホ-ムペ-ジに中会行事や各教会の集会案内等をお知らせください。ホ-ムペ-ジの活用をよろしくお願いします(管理者アドレス hokkaido.web@hb.tp1.jp
  • 各委員会からの行事予定やお知らせ、個人消息等、中会全体で覚えてほしいこと等がありましたら、中会書記までご連絡ください。
日本キリスト教会 北海道中会 書記 秋本英彦
北広島市山手町4-12-5  日本キリスト教会北広島山手伝道所
Tel& fax 011-372-4138 Email: hidehiko@hokkai.or.jp

2009年度の書記だよりはこちら 
UPボタン