研修会委員会のページ
 トップへ  
研修委員会便り
2017年 5月  
 10年先の北海道中会を考えながら
  (研修委員会 委員長 千葉保)
 
  今年度最初の研修委員会を4月4日に行いました。そのときわたしは、「10年先の北海道中会がどのようになっているのかを具体的に考えながら、今年の研修会を計画していきましょう」と言って会議を始めました。10年先のわたしは、現役牧師から確実に退いていると思われるので、そんな先を考える必要はないのかもしれませんが、むしろわたしは10年先の備えが今から必要だと強く意識させられております。
  現在の教師は31名で、現役牧師は22名です。全国的に77歳くらいで現役を引退していますから、10年後の北海道中会の予想で77歳以下の牧師は10名になります。神学校卒業生が10年間で15名いたとしても、北海道中会教師になるのは最大限4名ほどかもしれません。合わせて14名の教職で31の教会の群れを牧会することになるのでないでしょうか(長老、執事、オルガニストの人数も減少すると思います)。すると一人の牧師で2つ以上の群れの礼拝を担当し、必然的に長老も説教の務めを担うようになります。そのようにしてはじめて各教会の主の日毎の礼拝を守っていくことができるようになるのです。そのような事態への備えは、数年先から始めるのでは遅い、今から備えていかなければならない、そのように強く思わされてきております。
 昨年度の長老研修会で、長老が説教を担っていく取り組みを始めました。今年度の研修会は、日曜学校教師研修会になるのですが、現実問題として長老の説教への備えは「待ったなし!」でないでしょうか。そのことを思うと、長老が説教を担っていく取り組みは継続的に行う必要を強く感じております。長老研修会後のアンケート回答も、研鑽の継続の意見が多くありました。日曜学校教師も全員ではありませんが日曜学校説教を行います。そのため今年度の研修会は、日曜学校教師に限定しないで、「日曜学校教師・長老研修会」として、説教の学びを積み上げていくことができる研修会にすることがふさわしいと、私たちは考えるようになりました。
 日本キリスト教会は、「日曜学校」誌、「旧約新約聖書講解」など、説教の参考となる季刊誌、書籍を持っていますから、具体的に説教を作っていく取り組みを段階的に積み上げていくことができる素材を持っていると思います。その素材を活用していく研修会を行うことは益でないでしょうか。研修会の場では、日曜学校教師の部と長老の部に分かれることがあってもよいと考えております。研修会の詳細については、委員会を重ねて8月までにはご案内したいと考えています。10年先の北海道中会の姿を具体的に思い浮かべながら、良き中会形成ができる研修会にしていきましょう。

委員会からのお知らせ
長老部
  •  部会組織 傳 英二(部長)、荒山俊行(苫小牧)岡田由子(札幌桑園)
  • Ⅱ 日曜学校部と合同で研修会を開催することを検討しています。
日曜学校部

Ⅰ 部会組織 千葉保(部長)、宮崎善昭(札幌北一条)、稲岡 尚(札幌桑園)
Ⅱ 長老部と合同で研修会を開催することを検討しています。

「日曜学校教師・長老部研修会」予告   
  • 開催日  11月3日(金) 午後0時30分~4時15分  
  • 会 場  札幌北一条教会
  • テーマ  「説教の学び」 日曜学校誌を用いて説教の学びをします。
教会音楽部
Ⅰ 部会組織 三輪宣彦(部長)、大和田眞理子(会計)、後藤憲正(書記)   
Ⅱ 教会音楽研修会予告   
  •  日時 10日9日(月・休)午前10時30分~午後5時    
  • 会場 旭川教会       
  • 講師 小泉優香(札幌北一条教会オルガニスト)   
  •  (今年度は宗教改革500周年ですので、ジュネーヴ詩編歌をはじめ宗教改革時代の教会音楽の学びができます。)
  • ◎午後からのオルガン講習は奏楽の基本から学ぶことができます。  

Ⅲ 出張講習 これまでに講習に協力頂いた講師の方々は以下のとおりです。  
  実技講習 パイプオルガン   山田悦子(札幌北一条教会オルガニスト)        
         リード・電子オルガン 小泉優香(札幌北一条教会オルガニスト)    
         礼拝、賛美の講演 北村一幸、三輪宣彦、工藤準一、岳藤豪希他    
  各教会、地区からの依頼に応じて講師を派遣します。希望の教会は教会 音楽部(部長)に  お申し込みください。委員会で検討し、派遣が可能な際には講師の交通費と宿泊費を補助  します。
  講師への謝礼は、主催者の状況に応じでご負担ください。オルガン・レッスンの場合は、レ  ッスン料を受講者にも負担していただき、中会や主催者負担の軽減を図ってください。  

Ⅳ 奏楽者奉仕のオルガニスト派遣    
  オルガニストが怪我や病気その他の理由で不在の際には、奏楽者を派遣致します。交通費、宿泊費の補助を致します。お申し出ください。

補助額

交通費
R等の特急・指定往復券+自宅より最寄り駅までの交通費1,200円、出張先教会への交通費2,000円、同一市内は3,000円
宿泊費    1泊8,000円 
(教会、伝道所の区別なく、委員会で検討し、予算の範囲で補助します)  
◎出張講習、オルガニスト派遣のすべての申込みは教会音楽部長(桑園教会長老)。    まで、郵便・FAX・電話(011-299-3771)にて、ご希望をお知らせください。
 
研修委員会便り
 2015年5月 
 新しい中会の形を求めて
 (研修委員会 委員長 千葉保)

 4年前の第60回定期中会(2011)において「中会機構の簡素化に関する建議案」が可決されました。その大事な部分である地区制は、準備期間を経て第62回定期中会(2013)の「地区制についての建議案」可決により、新しい中会の形を求めて具体的に動き始め、2年が経過しました。中会としては、それまでの日曜学校委員、長老会委員、壮年部委員などが、研修委員会と修養会委員会に再編されました。
 これらの取り組みの目標・主眼は、「地区が主体的に研修会・修養会を実施する」(61回中会記録p.73)ことであり、「総合的な地域全体を網羅した教会形成や伝道、人材育成、応援体制の強化、課題の共有や援助等にあたるため」(同p.74)というところにあります。けれども合同した地区や、その地区の広がり具合もあり、取り組み方には違いが見られます。そして新しい中会の形はいまだ見えてきておりません。研修委員会は、研修の取り組みを通して、新しい中会の形を摸索していきたいと思っております。
 個人的にはわたしは今年3月まで、「道北・空知地区」に身を置いていました。「道北・空知地区」は、他の地区とは全く様子が違う、唯一の合同地区ですから、一地区としての同一歩調を作る困難さを覚えさせられました。でも「道北・空知地区」は、一つの地区としての集会を持つことが出来るように、今、準備を重ねています。
 そして4月からわたしは「道東地区」に身を置くこととなりました。実際に身を置いて動いてみると、道東5教会間の道路状況(距離とカーブやアップダウン)は想像以上に厳しく、実に大きな広がりの中での点在です。その広がりの中で地区の交わりを作っていくことの大変さを覚えざるを得ません。  これら二つの地区は、年に1回の全体集会を開催することにも困難さを覚えさせられるわけですから、それぞれの地区の主体性において可能な形で取り組むことを、中会として認め合うことが大切なことだと思うようになりました。
 以上のようなことを心に留めながら、中会の研修委員会として、3年目をどのように取り組むべきなのかを考えなければなりません。内容は「研修」です。教会において「務め」にある者(長老・執事・委員、日曜学校教師、オルガニスト)の研修を行うことが、委員会に託されています。すでに行ってきたことでありますが、地区でそれらの研修会を行うことを、研修委員会としては引き続き応援します。その上で、簡素化と地区制の取り組みの当初に掲げた主眼を大切にしながら、やはり中会全体としての研修会の企画が求められているのだと、研修委員全体の会では話し合っています。その中で「課題の共有や援助」は、まずは地区ごとに、お互いの教会の状況を理解して受け止め合うことから始めていかなければならないことでないでしょうか。そのような地区の取り組みを研修委員会として把握しながら、各分野での、中会としての課題を見出し、取り組みを積み上げていくことが、今、求められているのだと思います。信仰の一致のもとで、教会の主から託されている務めを共に担っていきたいと思います。

 委員会からのお知らせ
 長老部
  • 1 委 員 堤隆(部長)、荒山俊行(書記・苫小牧)、岡田寿(森林公園)
  • 2 地区研修会 道南地区長老・委員研修会
       4月29日(水)会場 伊達教会で実施されました。 
    • 主題「教会における訓練」講師 秦利器(苫小牧教会牧師)
    • 昨年、開催された主題「牧会的配慮とは何か」講師 久野牧(函館相生教会牧師)を受け継ぎ、さらに具体的課題や教会訓練についての学びが行われました。
  • 3 来年度の各地区長老研修会支援のために講師派遣の申し出に応じる準備をしています。
  • 4 中会全体の長老研修会は2017年度に実施の予定です。
  • 5 各地区の研修会等の情報をお知らせください。
 日曜学校部
  • 1 委 員 千葉保(部長)、由利谷満(書記・小樽シオン)、宮崎善昭(札幌北一条)
  • 2 教師研修会日程は11月3日(火・祝日)
  • 詳細については6月1日(月)日曜学校部単独委員会において決定いたします。後日改めて委員会よりお知らせの予定です。
 礼拝音楽部
  • 1 委 員 北村一幸(部長)、細山まゆみ(書記・札幌琴似)、三輪宣彦(札幌桑園)
  • 2 全体研修
    • 8月10日(月)午前10時~午後8時30分 
    • 今年度は一日研修とします。
    • オルガンレッスン 午前10時~午後4時半 パイプオルガンとリードオルガン 
    • レッスン料4,000円
    • 公開講演会 8月10日(月)午後6時30分より
    • 「讃美の歌を高らかに主に捧げようⅡ」―讃美をともにー 
    • 講師 三輪宣彦(札幌桑園教会長老) 三輪主恭(みわ かずやす・バリトン)
    3 出張講習   
    • 昨年まで講習に協力いただいた講師の方々は下記のとおりです。
    • 実技講習等  
    • パイプオルガン 山田悦子(札幌北一条教会オルガニスト)
    • リードまたは電子オルガン 小泉優香(札幌北一条教会オルガニスト)
    • 礼拝、賛美の講演 三輪宣彦(上記に記載) 工藤準一(札幌北一条教会オルガニスト)
    • 礼拝音楽部では、各教会、地区からの依頼に応じ講師を派遣いたします。希望の教会は礼拝音楽部まで連絡下さい。委員会で検討し、派遣が可能な際には講師と所属教会への依頼および講師の交通費と宿泊費補助をします。講師の謝礼は、主催者の状況に応じてご負担下さい。オルガンレッスンの場合は、レッスン料はいくらでも構いませんが、受講者に負担してもらい中会や主催者負担の軽減を図って下さい。
    4 オルガン奉仕の出張  新たな企画として   
    • 礼拝の楽器として、北海道中会においては、リードオルガンの占める割合が多いことと思われますが、オルガンが教会にあっても演奏者がいないため、現状ではヒムプレーヤーを使用している教会があります。そういった教会へのオルガニストの派遣を2年前から検討していました。また、全体研修を計画しても、事情により、研修に出てこられない方もおいでと思います。訓練されたオルガニストの派遣が、オルガニストの育成にもなり、新たな伴奏者が生まれることも期待出来ます。さらに礼拝における会衆賛美の訓練ともなるでしょう。礼拝音楽部が窓口となり希望のアレンジをいたします。講習への講師派遣同様、交通費等の必要経費補助をいたします。つきましては、中会内の教会でのオルガン奉仕が可能なオルガニストをご紹介ください。別紙アンケートの協力をお願いいたします。 音楽部の3つの企画に関する、問い合わせ先は下記のとおりです。
    • 教会音楽部 書記 細山まゆみ
    • 〒063-0842 札幌市西区八軒2条西1丁目3-1 札幌琴似教会気付
    • FAX 011-641-3096  メールはこちらまで 
 
 
 
    2014年度 日曜学校 教師研修会 報告              
  • 日程 2014年11月24日(月) 10:30-15:30
  • 会場 札幌桑園教会   Tel.011-221-1952
  • 主題 どうしたら子供が教会に集まるか」
           ― まず教師から楽しまなくちゃ!!
  • 講師 山 哲平 牧師 (愛隣チャペルキリスト教会牧師)           
          北海道大学法学部卒、銀行勤務、Talbot神学校留学
  • 会費 1000円    
  • 参加 8教会、1伝道所、41名(内8他教会)

10:30- 開会祈祷 
10:40- 講演 
12:00-   昼食、コイノニア 
13:30- 楽しまなくちゃ セッション
15:00-15:30   閉会礼拝
 
 山 哲平先生の講演
今年は、子供たちの救霊のために懸命に励んでおられる牧師をお招きして、話を伺うことにしました。奉仕の教会は、同じ札幌にある教会でありながら、毎週200-300人の子供たち(お友達)が喜んで教会に集っています。講師の教会も伝道がうまく行かずに悩んでいたのですが、発想を転換することによって、子供たちのこころに近づくことが出来たようです。講師の山哲平牧師は次の三点を強調されました。うまくいかないことは悪いことではなく、問題に気づくチャンスである。できることが必ずある。まずは教師から楽しむこと。子供の脳の発達段階を教示され、子供には遊びが重要であることを熱心に語られました。                              
 
 参加者で巻いた海苔巻き(形は三流、味は一流)
 昼食は、奉仕者によって、途中まで準備されていた海苔巻きを全員で作りました。なんと長さが20メートルにもなる長い海苔巻きを参加者全員で巻き上げました。
 
 参加者たちによる自分もお友達も楽しむゲーム実技
食事と交わりの後は、日曜学校の子供たちと楽しむゲームをたくさん紹介してくださいました。参加者一同、疲れるほどに体を動かすことができました。終始、ユーモアを絶やさずに語られる山牧師の話と指導に時の経つのも忘れる程でした。記憶と聖書とゲームに重点をおく礼拝の考えは、動から静に移る礼拝であり、すべて理論的にも裏付けられている礼拝スタイルであることを知りました。
子供が日曜学校から減少している時代にあって、教師も意気消沈している現状があります。これを打破するために私たちもパラダイム・シフトが必要です。教会に子供が来て、教師たちが喜んで迎え、教師が喜んでいれば、教会って楽しいところだと感じるようになります。これが絶対という方法論はありませんから、それぞれの教会に合うように応用するとよいと思います。 
 
.                                                
●2013年 中会日曜学校研修会
  • 日時:2013年11月22日(金) ~23日(土)
  • 場所:定山渓ビューホテル
  • 主題:「日曜学校を語ろう」
  • 参加:26名
 

1日目 発題
 
2日目 講演
 
休憩時間
 
演習
.                                                
●2012年 中会日曜学校研修会報告
  • 日時:2012年11月23日(金) 午前11時~午後3時30分
  • 場所:札幌北一条教会
  • 主題:聖書を読み、語り告げるため
           ~『旧約・新約聖書講解』発刊にたずさわって~
  • 講師:藤田英夫牧師(大阪姫松教会)
  • 参加:49名
 
今年の教師研修会は、開会礼拝で、小野寺泉牧師から「子どもの行方」という題のメッセージをいただきました。
続いて「聖書を読み、語り告げるため」という主題で、藤田英夫牧師の講演がありました。大きく次のようなことに分けて話されました。
  • 1.なぜ「旧約・新約聖書講解」が作られることになったのか
  • 2.「旧約・新約聖書講解」の中身について
  • 3.これからのこと
大変興味深い話でしたが、その中でも過去に61年間途切れることなく「日曜学校誌」が発行され続け、その中にはまったく触れられていない聖書記事は一つもないことを教えられ、本当に驚かされました。
 
 講演
  研修風景 
   質疑応答と協議
 
  ●2011年 中会日曜学校研修会報告
  • 日時:11月3日(木)午前11時~午後3時
  • 場所:札幌北一条教会
  • 主題:「聖書と子どもたち」
  • 講師:児玉衣子(龍谷大学教授)
  • 参加:61名

今年の日曜学校教師研修会は開会礼拝の前に、プレ交流会を行い、昼食を取りながら楽しい交流のひとときを持ちました。
開会礼拝は北村一幸牧師(小樽シオン教会)から「一匹の羊を大切に」というメッセージをいただきました。先生がホワイトボードを出してくると、そこには何と100匹の羊が描かれていて思わず絶句、そして歓声…。
続く講演は、児玉衣子(きぬこ)先生の穏やかな語りかけに、皆真剣に耳を傾けました。『あそこへ行くと何かほっとする』と感じることのできるのが日曜学校なのだということ、そして、神さまとイエス・キリストから愛されているのだと信頼できる心を育てる事の大切さについて教えられました。
「日曜学校の教師は何かの資格で行うものではなく、イエスさまに出会った喜びを知っている人によって、その喜びが伝えられていくものである」との先生の教えに勇気づけられると共に、自分自身が信仰生活の中で養われることの必要についても考えさせられました。幼児教育を教えておられる先生なので、理解力や集中力など、子どもの発達的特徴をある程度理解しておくと配慮ある関わりができるということも教えてくださり、大いに参考になりました。
グループに分かれての協議会でも時間が足りなくなるほど、話が盛り上がりました。教会に集う子どもたちが、「自分は大事にされている」と感じることのできる日曜学校でありたいと、共に確認し合う時間となりました。
 
 

 ●2010年 中会日曜学校研修会報告
  •  中会日曜学校教師研修会の報告11月23日(火・祝)、 桑園教会において中会日曜学校教師研修会を開催しました。受付湯本有子長老。日曜学校委員会の「やるぞ!」という意気込みを表した3部構成(開会礼拝・講演・説教演習)の欲張ったプログラムです。
  •  主題は、子どもに接する大人であれば、とりわけ神を求める者であれば、必ずや課題となる「自由と自由に至るための訓練」の問題といたしました。特に日曜学校現場や子育て現場において求められる状況理解や判断に資するため、現場経験の豊かな講師人選を心がけました。開会礼拝では、稲生牧師が聖書を通して、神より賜る自由の土台」と、「土台の上に在る人間の営みとしての、自己統治・それに続く自己選択・自己決定、そして自己放棄を通して賜る神にある自由」を語りました。
  •  
  •  講演は、講師の鈴木健一先生に、「愛の雰囲気と自由への訓練」という演題で、ミッションスクール中・高での生徒指導と幼稚園での経験、20年の日曜学校教師経験と、ホーレス・ブ ッシュネルのキリスト教養育・スザンナ・ウェスレーの教育論研究の成果を織り交ぜてお話し頂きました。豊富な内容を一言で表現することは困難ですが、要旨は、『年齢や成長に応じた 訓練を通して、人は自由を生きる主体として養育される』。また『訓練は厳しくも、愛に満ちた雰囲気〈人間関係や環境〉の中で与えられる』とのことでした。まさに暖かい雰囲気を伴う御講演を頂きました。
  •   説教演習は、桑園教会幼稚園の丹羽菜津美さんによる聖書朗読 と説教(列王記上3:1~28、ソロモン王の願いと、知恵ある裁き )が実際に行なわれ、その後河野牧師の司会・指導によって全体討議が行なわれた。閉会祈祷由利谷満長老。桑園教会の方々には、会場教会としてのご配慮を頂きました。
  •   約60名の日曜学校教師・牧師の皆様にお集まりを頂きました。主にあって感謝いたします。
  • (文責;稲生義裕)