聖園教会
 住所 〒061-0600 北海道樺戸郡浦臼町字浦臼内183-38
  TEL 0125-68-2902
 FAX 0125-68-2902
 交通 JR札沼線(学園都市線)浦臼駅から徒歩5分
 牧師 大倉 薫 (住所等同上)
 
詳しい地図




教会紹介トップ

  礼拝堂  
 集会案内
朝 礼 拝   日曜日 午前10時30分から
祈 祷 会  水曜日 午後2時から
日曜学校  日曜日 午前8時50分から
聖園会  月間予定表に掲示
青年会  月間予定表に掲示
婦人会  月間予定表に掲示
 
 ドアにはめ込まれたステンドグラス

沿革

 伝道開始-------1893年7月13日   
 伝道所開設-----1894年1月27日
 伝道教会建設--- 1907年5月1日
 教会建設-------1897年11月28日
(教会解散のため1923年5月16日再建設)
 現会堂献堂-----1959年9月27日(1993年改修)

 1893年7月13日、自由党代議士武市安哉(高知教会長老)に率いられた若者たち26人は、キリスト教信仰 と教育による新しい理想郷建設を目標に、故郷の四国・高知を後にして、はるばる海陸の旅を続けてこ の地に来た。翌年1894年1月27日、聖園講義所として発足、牧師を招聘し、13名の受洗者を得、3年目に は全員が受洗した。第二次・第三次の入植者が相次いで教会に加わるに及んで、1897年ll月、教会を建 設。礼拝出席者数も100名以上に達した。しかしながら、1898年以来しばしば大洪水に見舞われ、他出 者が相次ぎ、1906年、会堂を現在地に移したが教会は不振となり、独立教会の資格を失い、1907年5月1 日伝道教会となった。その後、数回の無牧時代もあり苦難を続けたが、1923年5月再び独立自給の教会と なり、1938年7月土居英子牧師を迎えてからは、鈴木攻平牧師、松田真二牧師、大倉薫牧師と相次ぎ、15 代を数えて現在に至っている。この間、1992年3月、学校法人浦臼聖園幼椎園を閉園して29年にわたる幼 児教育を終えた。1993年には、伝道開始100周年を迎え、記念事業として写真集の発行、会堂の大改修等 を行い、1995年1月には幼稚園跡地に集会室を新築した。2003年に伝道開始110周年を迎え、記念伝道礼拝をすると共に、次の記念 事業を行った。2002年、礼拝堂外壁ペンキ塗装工事。2003年にかけて、上水道と公共下水道工事。  2004年礼拝堂・集会室音響調整工事。礼拝堂と集会室周りの縁石工事。教会前庭整備と駐車場舗装工事。教会車庫リフォーム工事。以上を完了した。
 UP