札幌白石教会









 住所 〒003-0028北海道札幌市白石区平和通4丁目南2-7
  TEL・FAX 011-864-3515
 交通 JR函館本線白石駅下車・徒歩5分
 牧師 斎藤 義信 
教会紹介トップ

 集会案内
朝 礼 拝  毎週日曜日 午前10時15分〜111時30分
  讃美歌を歌い、共に祈り、聖書に聞くとき。
  真の平安と喜びを与えられて、一週間を始めましょう。
 
祈 祷 会 木曜日(隔週) 午前10時30分より
  聖書研究と共に祈りを合わせる 
日曜学校 成人科 
小・中科 
          
午前9時30分から(隔週) 
午前9時30分より分級
午前10時15分より 大人の礼拝と合同
   ※どの集会にも、どなたでも気軽にいつからでもご出席ください。
 
沿革

 伝道開始-------1946年頃   
 伝道所開設-----1973年9月
 伝道教会建設---1974年 4月21日
 教会建設-------1983年 4月29日
 現会堂献堂-----1982年7月18日
 
 懇親会 滝野すずらん公園にて

 小野村林蔵牧師(札幌北一条教会)から受洗し、上泉浩牧師と西村久蔵長老の導きの下に自宅で伝道集会を開いていた白石村の高野定昭(当時18歳)が、1948年に結核で闘病中に突然召天した。その記念会は大いに盛り上がり、集会は月1回で1年間続いた。その後伝道の意欲は武田宅、高橋宅、白石幼稚園、道央信用金庫会議室において伝道集会と日曜学校に受け継がれた。この間、山田滋札幌北一条教会牧師をはじめ、当時北一条教会の伝道師であった久米三千雄、真田卯吉、斎藤義信、中村静郎が次々に白石伝道所に奉仕された。更に飛躍は、札幌北一条教会が1973年7月現在の地に牧師館を建て、当面当教会の伝道所として1973年9月から上平仁志教師試補によって主日礼拝が開始された。
 こうして1974年4月札幌白石伝道所が誕生した。上平牧師が辞任後1980年4月に古賀清敬教師試補を迎え、1982年7月には中会、大会の支援の下に会堂建築を行なった。さらに1983年4月には教会建設式と古賀清敬教師の牧師就職式が行われた。2004年3月古賀清敬牧師が辞職し、無牧師を経験したが、小会は斎藤義信牧師の招聘を決議し2006年4月29日牧師就職式を行った。現在、斎藤義信牧師の下に活発な宣教活動がされており、礼拝堂の改修、多目的ホールの建設、聖書全巻通読会などがなされ将来へ向っての歩みを着々と進めている。
 
 UP